★MotoGP2018カタルーニャGP 予選プレスカンファレンス翻訳

土曜の予選プレスカンファレンスの翻訳です。FP4にスーパーセーブをしてマルケス、ムジェロの後にポールポジションを獲得し勢いに乗るホルへ・ロレンソ、そしてドヴィツィオーゾのレース戦略など興味深い話が多いプレスカンファレンスでした。
Sponsored Link

 

スティーブン・デイ

「BMW Mアウォードのアップデートです。現在首位は160ポイントでマルク・マルケス、2位ヨハン・ザルコ110ポイント、ホルへ・ロレンソが今回のポールポジションで87ポイントで3位となりました。ホルへ、今週末は素晴らしいペースで走行出来ています。予選では最初はいらつく場面があったようですが、最終的には素晴らしい仕事を成し遂げました。」

ホルへ・ロレンソ

「優勝の後での最高の結果となりましたので、ポール獲得は嬉しいですね。ただバイクのフィーリングに関して非常に嬉しく思っているんです。ムジェロでも素晴らしい感触があり、異なるトラックで恐らくそれ以上の感触を得ています。これは1ヶ月前のテストよりも素晴らしいフィーリングです。素晴らしいペースがあって常に快適に感じています。どのタイヤでも良い感触ですしね。最初は話があったようにタイヤの左側にグリップを感じなかったんです。おそらくタイヤへの熱の入れ方が足りなかったのかもしれませんが、自信を感じられなかったので、転倒しないように気をつけています。そして2本目のタイヤを履くまで注意して、2本目のタイヤで素晴らしいラップタイムを記録することが出来ました。これでDucatiで初のポールポジションを獲得出来ました。マルクのラップタイムもかなり接近していましたね。非常に満足です。」

 

スティーブン・デイ

「Q2でタイムを早めに出した後は、ソフトタイヤでレースペースの確認をしたようですね。恐らくムジェロと同じ戦略ということでしょうか?」

ホルへ・ロレンソ

「ええ。ラップタイムは素晴らしかったので3本目のタイヤを履く必要性は感じませんでした。そして古いタイヤでどのような走行が出来るかを見ていたんです。そしてかなり良いラップタイムを記録出来ました。午後はコンディションが変わりますから、ペースを維持するのは、皆にとって簡単ではないはずです。ただ、今までのところすべての練習走行で競争力を発揮出来ていますから良い傾向でしょう。明日どうなるかが楽しみです。」

 

スティーブン・デイ

「おめでとう。それではマルク、今日はQ1から走行し、最後はQ2でホルへとポールポジションをかけて争いました。前にダニロがいたことで、思うようにはいきませんでしたね。」

マルク・マルケス

「簡単な週末ではありませんでしたけど、常に良い位置にはいましたから、自分達を信じていました。FP3では新しいタイヤで転倒し、それで結局セッションを終えることが出来ませんでした。ただ、Q1に行ったことは結果的には良かったと思います。そこでQ2には体が温まった状態で挑めましたし、しっかりとした参考タイムも理解出来ていました。1本目のタイヤから良い感触でした。ただ、重要なのはDucatiライダー達、特にホルへに関しては負けている状態ですが、それでもトップにいるということなんです。ですから明日どうなるか、勝利出来るかを見て見る必要があります。」

 

スティーブン・デイ

「FP4については何が起きたのかを聞く必要がありますね。世紀のセーブでした。皆があんぐりと口を開けている状態だったと思いますが、何を考えていたのでしょうか?」

マルク・マルケス

「MotoGPはショーであるということが一番重要ですからね(笑)まぁ冗談はさておき、最終ラップの最終コーナーでフロントを失い、バイク、自分の膝に対して戦っている状態でした。最初はそのままセーブ出来そうだったんですが、路面が汚れているところでフロントを再び失いました。これは自分達がフロントの信頼感という部分で苦戦してることでもあるんです。ただ、毎回こういった転倒からのリカバリーは徐々に良くなっています(笑)どこまでいけるかというのはありますが、明日はスムーズに走りたいですね。繰り返したくはありません。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それではドヴィツィオーゾ。あなたにとってレースが常に強みであって、予選は強みではありません。これがシーズン初のフロントローですが、今週の頭はサスペンションの問題か、スライドなどで苦戦していました。明日の見通しは?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「この結果には喜ぶべきでしょう。テストは悪くなかったんですが、フィーリングは良くなかったんです。ただ、こういったことはテストではいいんです。今回はFP1から素晴らしいスピードを発揮出来ました。こうして新しいアスファルト、レイアウトになっている場合は、すぐに詳細に関して作業が出来ることが重要です。今回はグリップが妙で、最大リーンでのスライドのコントロールが難しく、タイヤが消耗した時、コーナーエントリーもそうです。皆が苦戦していました。ただ最終的には少しだけ改善をすることが出来て、練習走行ごとに改善し、FP4には良いペースを発揮することが出来ました。表彰台を目指して良いペースがあると思いますし、優勝も狙えるかもしれません。ただ、本当にそういったチャンスがあるのかどうかは、レースの中でしかわかりません。昨年のように妙なレースになると思っています。同じような形かもしれません。タイヤの消耗は非常に大きいですし、皆があらゆる状況の中で状況をコントロールする必要があります。転倒も多かったですから、明日のレースでは皆がもっとスムーズに走行するでしょうね。明日は皆にとっていろんな状況をコントロールするのが難しいと思いますが、レースにはしっかりとした自信を持って挑む事が出来ます。」

 

スティーブン・デイ

「明日はムジェロ同様に、ホルへが素晴らしいスタートをして、ターン1でホールショットを奪うことに賭けても良いでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「わかりませんよ(笑)確かにそういった走りが彼の強みです。異なるトラックですし、タイヤの消耗が違います。ただ、路面が異なり、昨年とはタイヤが異なりますから、正直なところなにもわかりません。それに練習走行で周回を重ねても、レースとはそれは異なりますから。レースになればわかりますよ。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それではMoto2のファビオ・クアルタラロ。あなたがポールを獲得すると予想した人間は少なかったと思いますが、今週は素晴らしいペースでしたね。どんどんスピードを増していますが、何が変わったのでしょうか?」

ファビオ・クアルタラロ

「金曜は非常に苦戦しました。ホットコンディションでソフトタイヤを履いている状況では、新品タイヤで良いペースがなかったんです。最初はオールドタイヤで出走して、新しいタイヤを履いて走行した時に、あそこまでラップタイムが良くなるとは思っていなかったんです。0.2秒、0.3秒改善したのであればフロントローだったんですが、0.7秒も改善したんです。ですから、自分のペースとラップには本当に満足です。」

 

スティーブン・デイ

「Moto2でポールポジションを獲得最年少から2番目の選手となります。残念ながら最年少はマルクですが。。ただMoto2においてポールを獲得した最年少のフランス人です。数年苦しんだわけで、これはあなたに大きな自信を与えてくれたでしょう。過去数年がどうであったのかを教えてください。」

ファビオ・クアルタラロ

「2年前は本当に大変でした。ただ、チームが自分が望む方向にまで行けるよう努力してくれました。こうしたファミリーと言える関係性にいるのは本当に重要なことですし、明日はどうなるか楽しみです。 」

 

スティーブン・デイ

「おめでとう。それではエネア・バスティアニーニ。これは昨年のミサノ以来となるポールポジションです。新しいチームでは初です。今回はポールタイムをかなり速い段階で獲得し、その後誰もあなたのタイムに追いつけないという妙なセッションでしたね。」

エネア・バスティアニーニ

「ええ。こうやってここにこれて嬉しいですね。今年は本当にホルヘ・マルティンが速いですからね。前回のレースは良い形ではなかったですが、今朝は良いペースで走行出来ました。明日どうなるかですね。」

 

スティーブン・デイ

「今年はあなたにとって転倒があったりとベストと言える年ではありませんが、それでもあなたはチャンピオンシップにおいてそこまで離されていないですよね?」

エネア・バスティアニーニ

「今年は昨年と異なっています。昨年はミールがかなりのポイントを獲得していました。そして今は自分はトップまで40ポイント差で総合7位です。ただ今年は転倒が多いので、とにかく転倒をしたくありませんね。」
 

スティーブン・デイ

「エネアおめでとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ」

 

Q

「Ducatiでの好調なタイムの理由はシートポジションだとしていましたが、他にも何かあるのではないですか?ムジェロとここでここまで競争力を発揮出来ている理由について、もう少し教えてください。」

ホルへ・ロレンソ

「いや、ル・マンからムジェロに変わったのはそれだけです。ヘレスの時点でも既に良いスピードがありましたが、この最後のステップが必要でした。これによってエネルギーのセーブ可能になって、これによって長距離を良いペースで走行出来るようになったんです。ただ、皆は信じてくれませんけどね。

 

Q

「ロッシはミシュランは今回のタイヤアロケーションを間違えたと話していました。これには賛成ですか?」

ホルへ・ロレンソ

確かに本当の意味でソフトタイヤと言えるタイヤがありません。ソフトタイヤだからといってグリップが高いわけでもないんです。ミディアムでも速く走れますし、ハードでもそうです。ただバイクが良く機能しているからか、自分にとっては問題ありません。自分が改善して欲しいと思うのはフロントですね。自分にとってはフロントのエッジグリップが足りません。そしてミシュランはこの部分に関してあと一歩作業が必要でしょうね。

マルク・マルケス

すべてのバイク、ライダーにとって最高のタイヤを持ち込むのは簡単ではありません。自分もムジェロでは苦戦しましたし、アロケーションに関しても苦戦しました。今回はまた異なるアロケーションで、タイヤごとの違いを感じることが困難です。とは言えレースを終えることは可能です。難しい状況ですが、ミシュランの事も理解出来ます。ここでテストをしたとは言え、新しい路面に完璧なタイヤを持ち込むのは困難ですよ。ただ、これが今あるオプションですから、これでやっていくしかありません。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「そうですね。ミシュランにとっては非常に難しい状況でしょう。このアスファルトは極めて妙なんです。グリップは良いのですが、スライドのコントロールに関しても妙なんです。そして3つのタイヤの正確もほとんど同じなんです。ただ、このタイヤに関しては他のトラックとかなり性格は似ています。ただテストの後で全く異なるタイヤを作るのは難しかっただろうと思います。ですから、今はこういう状況だということですね。」

 

Q

「マルク、素晴らしいセーブの後、データは見返しましたか?」

マルク・マルケス

「いいえ。時間がありませんでした。ただ言えるのはフロントは完全にフルロックだったということです。ただ、本当に長いフロントスライドでした。多分キャリアの中で最長だったでしょう。ただ、セーブに関してはどんどん良くなっていますし、どこまで行けるかという感じです(笑)ただ、こういったスライドがあるということは、苦戦している証拠なんです。ですから別の方法でこれをコントロールする必要があるんです。日曜はよりスムーズに走行して、良い形で旋回したいですね。」

 

Q

「毎週末どんどん力強くなっていますが、何か変わったのですか?」

ファビオ・クアルタラロ

「バイクに関して少しの変化があって、大きな変化ではないんですが、自分のフィーリングが物凄く良くなっているんです。ペースも素晴らしいですし、異なるサーキットでも同様に走行出来るかというところでしょう。」

 

Q

「あなたのレザースーツの肘部分のスライダーは大きめなのだと聞いたことがありますが、これは正しい情報でしょうか?そしてこういった形で大きめの肘スライダーがあるということは、膝でバイクを立て直すような時に役立つのでしょうか?」

マルク・マルケス

「ええ本当です。アルパインスターズもハードに作業していて、ムジェロのセーブもあって、今は大きめの肘スライダーをつけています。ムジェロではフロントがスライドした時セーブしようとしたんですが、路面をレザーで押していた状態でした。そしてレザーが路面と接触すると、腕を持っていかれるんです。そうなるとリカバリーが難しくなってしまいます。ですからそのエリアを拡大して肘のスライダーでスライドからのリカバリーが出来るようにしているんです。(※だいぶ言ってることがおかしい。。)ただ、今回は膝でセーブしたんです。膝のスライダーも大型にしたほうがいいかもしれませんね(笑)」

 

Q

「昨日ドルナの発表によって、ブラジルでのレースもある可能性が出てきました。どう思いますか?」

ホルへ・ロレンソ

「面白いでしょう。ただ今に集中しているので、本当に楽しめるかどうかはわかりません。今週が終わったらしっかりと考えますよ」

マルク・マルケス

「アメリカ、アジアでのレースが増えるのはいいことです。ヨーロッパのレースが多すぎますからね。ただ単純にレース数が増えるとなると。。バランスが必要ですね。将来的に20戦となるようですが、実際20戦が限界です。ただメーカーにとっても、マーケットという意味でもヨーロッパ以外でのレースは非常に重要です。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分は20戦でも多すぎると思います。ただ新しいサーキットにいくというのは常に素晴らしいことです。もしそれが良いトラックなのであれば、常に良いことでしょう。」

 

Q

「ムジェロでは恐らく優勝争い、ポイント獲得が難しいトラックだと話していました。今週は異なると思いますか?それに今回は優勝争いが出来るかもと話しています。そしてムジェロでの転倒によってポイント差が縮まったからこういった発言をしていることもあるのでしょうか?」

マルク・マルケス

「ムジェロではレース前から苦戦はわかっていました。フロントタイヤのマネジメントに苦戦するのはわかっていたんです。ただ、ここでは限界付近でよりよい感触を得ています。ここではもう少しリスクを取ることが出来ます。ただ、ある程度の妥協は必要で、アンドレアが言うように明日は暖かいコンディションでは厳しいレースでしょうし、滑りやすくなりタイヤの消費も増えます。そしてその中でホルへが速いわけです。ただ、そこまで離されてはいません。FP3で離されていましたが、レースペースは接近していますし良いフィーリングがあれば可能でしょう。」

 

Q

「あなたのレースは常にしっかりとした戦略があると思います。ホルへが非常に速いスタートを決め、優勝出来る力がある中で、自分の戦略を変えようと思いますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

自分に戦略はありません。レースの中で最適な戦略を見つけようとしているんです。ですから、こうしたら勝てるというのはありません。ホルへ素晴らしいスタートから早い段階でギャップを作り、そのギャップを維持するという戦略を取りますが、自分はそういった特定の戦略はありません。昨年優勝した時は異なる方法でしたし、もしスピードがあれば、その中で戦略を作り出せるんです。そしてそれをレースの中で決定出来ます。明日に関してアイディアと戦略はありますが、レースの中でそれを状況に適用していく必要があるんです。ただあらゆる状況に対して適応出来る形でいる必要があります。」

 

Q

「マルク、セーブに関してなのですが体は傷めないものですか?5年後などに関して心配していますか?またどういったトレーニングをするんですか?ヨガ、ストレッチ?今は若いから感じないでしょうが、こうした無理なセーブが体に響いてくると心配ではないでしょうか?」

マルク・マルケス

「もちろんしっかりと準備をする必要がありますし、今日のプッシュもかなり無理をしています。ただ、自分の体の強みの1つは柔軟性なんです。これは転倒した時、転倒をセーブする時に重要になります。ただ弟も同じトレーニングをしていますが、彼は体が固いんです。これは両親からの贈り物でしょうね。これは嬉しく思っています。もちろん危険ですよ。ただ自分は転倒する時はゆっくり転倒しようとしているんです。高速区間で転倒すると転倒自体も高速ですよね。これは自分は自然とこうしていることで、理由は自分もわかりません。ただ自分は常に限界でライディングをしているんです。FP1での3周目、39.8で既に限界でした。そこでさらに限界を感じようとして転倒したんです。こうすることで特別なフィーリングを掴むことが出来るんです。

 

スティーブン・デイ

「皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link