★MotoGP2018 ポイントスタンディング(2018/06/17時点)

カタルーニャGPを終えた時点でのチャンピオンシップスタンディングです。現在チャンピオンシップをトップでひた走るのはマルク・マルケス、2位はバレンティーノ・ロッシですが、その差は27ポイント差に広がっています。3位は同じくモビスターヤマハのマーべリック・ビニャーレス。ロッシとの差は11ポイントで、マルケスとの差は38ポイントです。

Sponsored Link

4位はサテライトヤマハのヨハン・ザルコ。5位にダニロ・ペトルッチ、6位カル・クラッチロー、7位にはカタルーニャで優勝したロレンソ、8位ドヴィツィオーゾ、9位イアンノーネ3名共に66ポイントで並んでいます。現在絶好調のロレンソとマルケスのポイント差は49ポイントとなっていますが、チャンピオンシップがまだまだ長いことを考えると、今後のシーズン前半戦のレースの結果次第ではまだまだわかりません。

10位にジャック・ミラー、11位ダニ・ペドロサ、12位アレックス・リンス、13位ポル・エスパルガロ、14位ティト・ラバト、15位アルヴァロ・バウティスタ、16位でルーキー1位となっているのはフランコ・モルビデッリ、17位ハフィズ・シャーリン、18位アレイシ・エスパルガロ、中上 貴晶は19位、20位スコット・レディングとなっています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link