★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録

Ducatiが製作を進めているというV4スーパーバイクがアメリカを初めとする国々で商標登録されたというニュースをお届けします。このラフデザインからは詳細は伺えませんが期待が高まりますね。(※アメリカの現在時刻は1日です。)

Sponsored Link

Ducatiが今抱えている秘密であまりにも公然の秘密となっているのは、Ducatiが2018年モデルのスーパーバイクとしてV4エンジンを使用したスーパーバイクを製作しているということだろう。昨年まではDucatiはレースのベース車両となるバイクにVツインエンジンを使用すると思われていた。

新たなパニガーレキラーの馬力は220馬力以上になると予想されており、Ducatiで世界選手権で使用しているような何らかのエアロダイナミクスを組み込んだデザインとなることも予想される。(と入ってもハンマーヘッドカウルのようなもので無いことを祈るが)

さて、Ducatiはこの次世代のスーパーバイクについて、商標登録をアメリカ、ヨーロッパ、そして日本で行った。US市場では、DucatiはこのバイクをQuattrofromaggi(※4つのチーズ)と呼称しており、登録時の文章によるとこうした名称は新型モデルにのみ使用されるのだという。

クアトロという名前から、明らかにこのスーパーバイクが4気筒エンジンであることがわかり、これは世界中のDucatiファンを微妙な気持ちにさせることだろう。DucatiがV4エンジンにVツインから移行するというのは大きな話だと思うかもしれないが、DucatiがMotoGPで1000ccV4エンジンをデスモドローミック機構と共に使用していることを考えると不思議ではなかろう。

もっとも、大きな疑問としてはDucatiのファンが、この4気筒バイクにどのような印象を持つのか?ということだ。Ducatiはそのコアコンピタンスから離れすぎてしまったと言えるだろうか?それともこのQuattrofromaggiは、Ducatiの新たな伝統的なバイクとなるのだろうか?これは時が経てばわかるだろう。

このニュースに関するコメントを求められたDucatiのPRマンであるNothong Foryoothoは、「安っぽいコメントに捉えられるでしょうが、Ducatiは新製品についてはノーコメントという立場を取ります。個人的にはDucatiからホットで高級なモデルが来年登場することを期待したいですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★BMW K1600 B Bagger アメリカ東海岸でお目見え
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「良いセッティングを早めに見つけたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「ソフトタイヤを履いたのが間違いだった」
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「優勝したように嬉しい!」
★MotoGP2017 Aspar2018年もDucatiを使用することでDucatiと合意
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★MotoGP2017オーストリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「素晴らしい仕事が出来た。チームに感謝したい」
★MotoGP2017オーストラリアGP ドヴィツィオーゾ「予想以上に競争力があって驚いた」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX HYBRIDを出展
★BMW EICMAでK1600 Grand Americaを発表
★トロイ・ベイリス 48歳にしてオーストラリアン・スーパーバイク選手権に参戦
★MotoGP2018 パオロ・チャバッティ「ドヴィツィオーゾとロレンソなら問題が大きくなる前に話し合って解決出来る」