★MotoGP2018カタルーニャGP マルケス「最も重要なのはバイクのフィーリング」

カタルーニャGPの決勝プレスカンファレンスで、マルケスが最も重要なことについて語っています。またプレッシャーもあればそのほうが集中出来ると語るあたり、強靭なメンタルを感じさせます。

Sponsored Link

マルク・マルケス

2位でレースを終えるのは物足りません。ただ、チャンピオンシップを考えるとポイント差を広げることが出来ましたからね。これでポイント差は27になりましたので嬉しいです。今年の自分のレースの最低の結果は2位で、それ以外は転倒しているんです。結果をしっかりとコントロールする必要があり、表彰台にコンスタントに乗ることが大事なんです。」

「キャリアを通してみるとドヴィツィオーゾのコンスタントさは飛び抜けていましたが、現時点では彼は過去4戦で3回転倒しています。ただ彼にはスピードがあります。しかしホルへが今はスピードをましている状況です。ただ今後どうなるかという点はあります。ムジェロとモントメロは似たトラックで、流れるようなコーナーの作りが特徴です。それに同様にヤマハのライダー達の事も考える必要があります。特にバレンティーノは速くコンスタントです。ただ自分はバイクに関して良い感触がありますし、いくつかのサーキットで苦戦し、どこかで盛り返すという事は想定しています。」

「今は昨年よりも良い状況で、昨年はトップまで接近してはいるがそこまで接近もしていない状況でした。それに最も重要なのはバイクのフィーリングで、昨年の後半に似ています。自分達がトラブルを抱えているときは表彰台、そして良いフィーリングがある時は優勝出来ているんです。それにトップにいる選手はプレッシャーを感じるものですが、自分はプレッシャーが好きです。プレッシャーがあるほうが集中が高まり良い作業が出来るんです。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link