★MotoGP2018カタルーニャテスト イアンノーネ「タイヤの摩耗が問題」

新しいシャーシ投入によってパフォーマンスアップを図っているスズキですが、イアンノーネはタイヤの摩耗の問題の解決を望んでいるとのこと。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「テストでは新しいシャーシの作業に専念しました。ムジェロで新しいシャーシが到着し、アレックスは最初からこのシャーシを選んでいたんです。ただ自分達はレースウィークに集中していたので、レースウィークの中ではシャーシの作業に集中するのが難しかったんです。最終的にはフィーリングは少し良くなりました。いずれにしても自分にとって最適なシャーシを選ぶ事が出来たと思います。」

「個人的にはこちらのほうがコーナー立ち上がりで良い形です。今までのものだと立ち上がりで暴れてしまうんですが、これだとそれが抑えられています。あとは、常にタイヤの摩耗についてエンジニアと話しています。いつも最後までタイヤが保たないんですよ。」

「3周、4周走行した後にタイヤの摩耗が進んでしまい、スライドやスピンが多くなるんです。いつもこうした話をしているんですが、今のところはなにも変わっていませんね。個人的にはトップ3名のライダーと戦うことが出来るんですが、今はそれが出来ません。バイクからのサポートが必要です。」

(Source: crash.net)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link