★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネ「アプリリアのプロジェクトを信頼している。」

来年はアプリリアに移籍することになるアンドレア・イアンノーネですが、実はスズキ移籍前にもアプリリアと話をしていたとのこと。今年はシーズン後半にスズキでの初優勝を遂げることが出来るでしょうか。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「イタリア人がイタリアのバイクに乗るというのは、いつだって特別なものです。そういう時期もありましたけど、今回は本当に興奮していますし色々と話合って決めたんです。実はスズキに移籍する以前もアプリリアと話はしていました。今回最高の形でこのパートナーシップを迎えることになりましたが、本当に嬉しく思っているんです。」

「このプロジェクトには多くの信頼を置いています。自分にとっても大きなチャレンジとなります。トップとのギャップをしっかりと改善出来ると思います。これがアプリリアと自分の共通の目標なんです。とはいえまだ先のことですから、今はGSX-RR、チームに集中しています。まだ半分シーズンは残っていますから。最終的にはスズキで優勝したいと思っていて、この目標の為に作業していて近づいている実感があります。今一番重要なのはバイクとチームに素晴らしいフィーリングがあるということです。」

「現時点では全てが良い感触です。昨年と今年サポートしてくれたスズキには本当に感謝しています。今年のチャンピオンシップは本当に接近していますし、あらゆる事が可能です。ですから自分のスズキのキャリアにおいても、今は非常に重要な時期なんです。レース後半位なるとバイクが動き回るようになってしまい、キャラクターが少し変わってしまうんです。同じ位置でバイクをコントロールするのが少し難しくなってしまうんですよね。この部分の改善が必要ですがスズキと共に改善が出来ていますし、これからが楽しみです。」

(Source: crash.net)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link