★2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ 初のタイトル獲得を狙うF.C.C. TSR Honda France

2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズのタイトル獲得を狙うF.C.C. TSR Honda Franceにとって鈴鹿8時間耐久は大切な1戦となります。日本のチームとして史上初のタイトルを獲得することが出来るでしょうか?

Sponsored Link

10ポイントのリードで最終戦鈴鹿を迎えるF.C.C. TSR Honda France

オッシャースレーベン8時間耐久レースで勝利を収めたF.C.C. TSR Honda Franceは、2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズのタイトルを目指している。7月29日に開催される鈴鹿8時間耐久が近づく状況で、F.C.C. TSR Honda Franceは2位のGMT94ヤマハに10ポイントのリードを保っている。しかし、最終ラウンドで勝者は45ポイントを獲得することが出来るため、まだ多くの可能性が残されており、多くの強豪チームが鈴鹿8時間耐久に挑む。

世界タイトルを目指して

藤井正和 総監督が率いるTSRにとって鈴鹿はホームレースとなる。フレディー・フォーリー、アラン・ティーチャーはゼッケンナンバー5のホンダをライディングし、ただ1つの目標である優勝を目指す。世界耐久選手権において日本チームがタイトルを獲得するとこれは史上初の快挙となる。F.C.C. TSR Honda Franceは既に鈴鹿8時間耐久で3勝しており、昨年は3位でレースを終えた。しかし藤井正和総監督は今年は厳しい戦いだと語る。

藤井正和総監督

「我々の目標は明確でタイトルを獲得することです。チャンスが少しでもあればそれに向かって突き進みます。鈴鹿はホームレースで、うちのファクトリーは鈴鹿から500mのところにあります。ですから鈴鹿では負けたくないんです。GMT94より前で完走すればタイトルを獲得出来ます。そしてそれが目標となります。ただ、もちろんレースでの優勝は狙っていきます。耐久レースをする上で当然ですよね。最高の順位での完走を目指していきます。」

激しい戦いが予想される

最終戦となる鈴鹿では激しい戦いが予想される。F.C.C. TSR Honda France、GMT94 Yamahaに加えてホンダ・エンデュランス・レーシングは現在ポイントスタンディングにおいて3位につけており、実際に優勝のチャンスがある。また鈴鹿8時間耐久は日本メーカーの熱い戦いの舞台でもある。ヤマハレーシングは過去3年鈴鹿で優勝している。そしてHRCホンダもファクトリー体勢で参戦。昨年2位でレースを終えたカワサキ・チーム・グリーンも表彰台を狙っている。そしてヨシムラ・スズキ・レーシングも2009年に優勝を遂げている。

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link