★MotoGP2018オランダGP 予選プレスカンファレンス

今回は紹介が遅くなりましたがオランダGPの予選プレスカンファレンスの翻訳です。今回は多くの選手が最後にスリップストリームを使い合うという激しい予選となりました。

Sponsored Link

 

スティーブン・デイ

「素晴らしいポールポジションでした。MotoGPクラスでは初、今年は2度目ですが、物凄い予選となりました。」

マルク・マルケス

「ええ、今日はいつも同様にレースペースに集中していました。予選ではタイヤに関して疑問があったんですが、タイヤが少し摩耗してくると良い感触を得ることができました。最も重要なのはレースペースです。今日は非常にコンディションが変わって難しかったんです。今日は風が酷くてマシンが物凄く暴れてしまいました。しかし今日は全体的には悪くなかったと思います。速く走る必要がありながら、スリップストリームを使われることを考えると、どこでプッシュすべきかなど頭を使う必要がありました。明日は集団でのレースになるでしょう。ここは1人でレースをリードするのは難しいレースですし、天候もそうですし風もあって、どのタイヤを選択するのかが非常に重要になるでしょう。」

 

スティーブン・デイ

「FP2、FP3、FP4ですべてのタイヤを使っていましたが、どれも良いペースでした。どのタイヤを使うつもりですか?」

マルク・マルケス

「明日はハードでは少し遅かったんですが、バイクのセットアップが異なっていました。ですからしっかりと状況を理解する必要があります。今日はセットアップを変えてバイクが良い感触になりました。ただペースはどのタイヤでも似たようなものなので、選択は非常に難しいでしょう。明日のウォームアップがタイヤを試す最後のチャンスですから、そこでタイヤを決定したいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「おめでとうマルク。それではカル・クラッチロー、ヘレスでのポール以来となる1列目獲得は嬉しいでしょう。予選では素晴らしいせ戦略でしたね。」

カル・クラッチロー

「ああ。俺は利口な男だからね(笑)この狂った獣どもを後ろに従えて走りたくなかったんでね。後ろを振り返ったら7人も後ろにいたんで、スロットルを緩めたんです。自分は1人で走りたかったんだけど、自分がピットを出た後に皆がスローダウンして自分の後を追って走り始めたんです。通常はいつも1人でタイムを出す人間なんですが、高速コーナーで自分がスローダウンしたので、結果的に自分は集団の後ろになったんです。それでその戦略が効いたってわけです。でも他のバイクを追っているとバイクが結果的に速く走っているのでミスをしやすくなるんです。皆が後を追いかけるというのは確かに妙なレースだったんですが、ただそれだけ皆がこのレースの重要性を理解しているということでしょう。そしていかに接近していたかということです。トップ3は0.1秒以下、トップ10は0.5秒以下ですから。ですから最終コーナーでラインを外したとしても、それでも速く走れたということです。ファンにとってもジャーナリストにとっても面白い予選だったでしょう。ただライダーにとっても楽しいものではありませんし、レースもそうなるでしょう。皆10人や12人といった集団でレースなんてしたくありませんからね。」

 

スティーブン・デイ

「今のところマルクが速いようですが、1列目からのスタートならば表彰台もという話が以前ありました。今回はマルケスを捉えられると思いますか?」

カル・クラッチロー

「どうなるかはわかりません。自分がマルケスに捉えられる展開か、2人してバレンティーノを追う展開になるかもしれません。MotoGPではとにかくスタートが重要です。ですから3列目からスタートした選手であっても表彰台獲得はあり得るんです。それに自分も表彰台獲得は出来ると思いますし、チームやホンダのためにも良いレースをしたいですね。」

 

スティーブン・デイ

「カルありがとう。それではバレンティーノ・ロッシ、今回はターン7での転倒もあり、本当に嬉しい結果だったでしょう。」

バレンティーノ・ロッシ

「ええ。フロンローは常に素晴らしい結果です。今回はFP4で苦戦してしまったのもあって嬉しかったですね。本来はもっと強い走りが出来ると思っていたんです。高速コーナーに少し速く進入してしまったことで転倒してしまったんです。その時点で12分あったんですが、適切なタイヤが無く、フロントにハードを履いて走ったんです。ですからその際はタイヤを理解するに終わったんです。予選では最初のタイヤでフィーリングとペース、走行ラインなどを思い出すために使いました。そこで2本目のタイヤでは皆が待ち構えていて、自分は1周のアタックしか許されない状況だったんです。良いポジションにいて、ミスなく良い走行が出来ました。最高ですね。」

 

スティーブン・デイ

「タイヤは既に決定しているか、ウォームアップで作業が必要なのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「今週末は3つのタイヤがどれもレースで使えそうです。ですからどのタイヤが本当に良いのか?ということを選択するために集中したいと思います。ただまだどれが良いかわかりません。ハードはコンスタントでしょうし、ハードは序盤に良いかもしれません。簡単な選択ではないです。レースの1時間前に決定することになると思います。」

 

Q

「ここはいつもはヤマハのトラックですが、どうしてホンダが1、2なのでしょう?」

マルク・マルケス

「FP1から良い感触があったんです。バイクはかなり不安定で揺れて大変だったんですが、どんどん感触が良くなりました。レースでは状況が異なるとは思います。ヤマハもDucatiも強いですが、今回はヤマハのほうが強いでしょう。ただ自分も今回は良い位置にいます。1つ考えられるのはフロントのウイングです。このウイングによってスムーズにライディングが出来ているんです。」

カル・クラッチロー

「そうですね。ここは自分に合っていると思います。昨年よりバイクも良いです。ただマルクも自分も昨年は良いレースだったと思いますよ。マルクは表彰台で自分は4位でしたからね。ホンダにとって相性が悪いわけではないんですが、歴史的には他のメーカーに有利なサーキットではあります。自分達が十分に攻めていないわけではけしてなくて、それはいかにホンダのバイクが暴れているかを見ればわかるでしょう。マルクが言うようにFP1はかなりバイクが暴れていて、自分達は肩の関節が緩んでしまいました(笑)ただ良い形でコントロール出来ていますし、ホンダも素晴らしい作業をしてくれて、毎週高い戦闘力で走ることが出来ているんです。」

 

Q

「2000年に最高峰クラスで走りだして18年後に、8台のバイクが0.3秒以内にアッセンのようなトラックで入るなんて思いましたか?恐ろしくタイトな戦いになっていますよね。」

バレンティーノ・ロッシ

「これは15年前と一番の違いでしょう。練習走行では確かに接近していましたが、今週はそれ以上です。ですから15年前と比べると、スポーツとしてのプロレベルが上がったんでしょう。チーム、そしてライダー達はより細かい内容に関して綿密に作業していて、コーナーごと、ブレーキングごとに本当に細かく作業しているんです。15年前はもっとロマンがあったんです。バイクに乗っていいフィーリングがあって。。でも、ここまでタイトではありませんでした。今はもっとハードに作業する必要があって、ちょっと退屈になった(ロマンがなくなった)のかもしれません。ただこれはチャンピオンシップにとっては良い事ですよ。」

 

Q

「今日はターン7で転倒が多く、マルクはなんとかセーブしていました。これは風なのかバンプですか?」

マルク・マルケス

「このコーナーは高速コーナーで風に押されてしまうんです。そこでどんどん速く走ろうとしてプシュしていくと風に押されてバンプがあって、非常に難しいんです。ただプッシュしないとタイムは出ませんから、出来る限りのスピードで突っ込んでいくわけです。ですから簡単にフロントを失ってしまうんです。」

カル・クラッチロー

「マルクの意見に賛成ですね。ただターン6自体が問題で、そこでフロントタイヤからのブラックラインを見ると驚くでしょうし、非常に広いラインになっているんです。理由はわかりませんが、リアのグリップほどフロントに強力なグリップがないのかもしれませんね。ただ、いいことは皆条件は同じってことです。ただターン7のコーナの中にあるバンプ、あれは良くないですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「自分は問題はこのコーナーが”本当の”コーナーではないからだと思います。他のコーナーや他のトラックのコーナーはちゃんと設計されたものなんです。でもこのコーナーだけは何度も改修を受けていて、最初は異なる作りで、2006年以降に改修を受け、その後また改修されているんです。ですからこのコーナーはノーブレーキで進入するコーナーになっていて、それに加えてバンプがあるんです。非常に危険なコーナーです。」

 

Q

「ムジェロでは木曜日にタイヤアロケーションを見て難しい週末になると感じたと話していて、今週はタイヤアロケーションを見て逆のことを思ったと語っていました。ということは良い週末になると思ったわけですか?」

マルク・マルケス

「ここにミシュランは通常のハード、ミディアム、ソフトを持ってきました。ですから皆にとって簡単だったわけです。ムジェロではハードがミディアムよりも柔らかく、その他の系統もあって色々と妙だったんです。こういう状況だと何が一番良いのかを理解するのが難しいんです。今回のようなアロケーションであれば、皆好きなタイヤを選択出来ますから、文句は出ないわけです。」

 

Q

「今のところカタール以外はヤマハは問題をかかえているようです。今はチャンピオンシップ2位で今回もフロントローですが、何が変わったのでしょうか?昨年の状況と比べると、今年の優勝のチャンスはいかほどですか?」

バレンティーノ・ロッシ

「まだ電子制御であるとか加速の面での作業が必要だと思います。挑戦していますが時間が必要です。でも開幕戦の後に車体バランス、電子制御の良い解決策が見つかりました。ただ問題がまた元に戻ってしまったんです。ですから驚いているんです。ただ今はバイクに関して良い感触を得ていて、もう少し競争力を発揮出来るでしょう。優勝は常に難しいものですが、明日は難しいでしょう。昨年は妙なレースでした。今年のほうがバイクに関しては良いフィーリングがあって、昨年はバイクにもっと問題を感じていました。フロントを感じられなかったので、限界で乗るためのセッティングが見つかりませんでした。今年のほうが良いですね。ただ、今年はDucatiとホンダが強力になっています。昨年は彼らも問題を抱えていたんです。そしてシーズン前半は彼らのほうが問題を抱えていたんです。ですから今年のほうが難しいですね。ただ、もちろん明日は優勝を狙っていきます。表彰台争いが出来たら嬉しいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link