★MotoGP2018 ポイントスタンディング(2018/07/01時点)

オランダGPを終えた段階でのポイントスタンディングです。首位を快走するのはマルク・マルケス。大接戦のオランダGPを制したことで25ポイントを積み上げ、総合140ポイントを獲得。

今シーズンは優勝、2位でレースを終えるかノーポイントに終わるかという戦い方となっていますが、既にシーズン4勝を達成した形です。2位はバレンティーノ・ロッシで総合99ポイント、41ポイント差でマルケスを追います。3位はマーべリック・ビニャーレス。総合93ポイント。4位はヨハン・ザルコが総合81ポイントでファクトリーヤマハの2人を追います。

Sponsored Link

5位にはDucatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾが入り総合79ポイントを獲得。6位は同じく79ポイントのカル・クラッチロー。7位は総合75ポイントを獲得しているDucatiのホルへ・ロレンソ。オランダGPでは10番グリッドからロケットスタートでレースをリード。非常にアグレッシブな走りで終始マルケスと激しいバトルを繰り広げました。

8位のダニロ・ペトルッチと9位のアンドレア・イアンノーネは同じく総合71ポイントを獲得。10位はPramacのジャック・ミラーとなっています

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link