★Motorrad Central花園店(セントラル自動車技研株式会社)埼玉県深谷市に新規オープン

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)の、BMW Motorrad正規ディーラーであるセントラル自動車技研株式会社(代表取締役社長:田中 德兵衞)が、埼玉県深谷市に「Motorrad Central花園店(読み方:モトラッド セントラル ハナゾノテン)」の名称でショールームを新規オープンし、本年7月2日(月)より営業を開始する。

Sponsored Link

Motorrad Central花園店について

「Motorrad Central花園店」は、BMW Motorrad正規ディーラーであるセントラル自動車技研株式会社が、埼玉県さいたま市の「Motorrad Centralさいたま店」、東京都北区の「Motorrad Central飛鳥山店」、東京都目黒区の「Motorrad Central目黒店」に続きオープンする、同社4拠点目のBMW Motorrad専用ショールームである。

 

同店は、関越自動車道花園ICから西に2.5Km (車で約8分)、熊谷市街と秩父方面を結ぶ主要幹線道路である国道140号線(秩父往還道)沿いの、「道の駅はなぞの」の斜め向かいの位置にオープンする。深谷市は、近年街並みの整備が急速に進んでいるだけなく、花園IC付近に大型アウトレットモールを中心とした観光拠点の設置が計画されており、今後さらなる発展が期待される注目のエリアである。近隣には、国産・輸入車四輪ディーラーや二輪ディーラーに加え大型スーパーや紳士服店、家電量販店などが立ち並ぶため、ショールームの視認性も良く、深谷市や熊谷市を中心とした広い地域へのブランド周知が期待できる。

 

総面積約1,000㎡超の敷地に立つ新築の店舗は、BMWドイツ本社のレイアウト設計によるBMW Motorrad最新のCI(コーポレート・アイデンティティー)に準拠したBMW Motorrad の革新性や創造性を豊かに表現している。常時9台の新車を展示する総面積約150㎡の新車ショールームと約55㎡の中古車展示場は、天井高が3.5mと高く、また壁一面がガラス張りで明るく解放的なため、お客様に心地よく過ごしていただける空間となっている。加えて、最新のライダーエクイップメントやアパレルの展示・販売、そしてお客様の為のくつろぎの空間「バイカーズ・ミート」など、BMW Motorrad の世界観が存分に体感できるさまざまなエリアが設けられている。また、新型車をはじめ、多様なモデルの中から選りすぐりの試乗車も常時用意している。

8ベイを備えた最新設備のサービス工場は、総面積80㎡の広さを有し、修理から定期点検、車検整備まで、ユーザーに対して短時間かつ高品質なサービスを提供する。さらに敷地内には、二輪車はもちろん、乗用車でご来店の際も十分な広さを確保した駐車場も完備されている。

購入からアフターサービスまで、フルサービスを提供する「Motorrad Central 花園店」は、周辺在住のユーザーに、充実したBMW Motorrad ライフを提供するための新たな情報発信拠点となるショールームである。

 

拠点の概要

拠点名称: Motorrad Central 花園店

所在地: 〒369-1246 埼玉県深谷市小前田332-2

電話: 048-578-8871

FAX:  048-578-8840

代表取締役:田中 德兵衞

営業責任者:小林 一樹

ショールーム営業時間:10:00-19:00

ショールーム定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)

営業開始日:2018年7月 2日(月)


<BMWモトラッド プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link