★MotoGP2018 ヤマハ 2021年までセパン・インターナショナルサーキット(SIC)のサテライトチームにM1を供給

ヤマハ発動機はアンヘル・ニエト・レーシングチームのMotoGPにおける参戦グリッドを2つ取得したセパン・インターナショナルサーキット(SIC)に、2019年から2021年の3年間に渡り、YZR-M1をリースすることを決定しました。タイトルスポンサーはペトロナスになることが予想されており、ライダーラインナップはフランコ・モルビデッリはほぼ確定だろうと言われています。しかし、ザクセンリンクで今後の去就を発表すると見られるダニ・ペドロサがこのチームで走ることになるのかどうかは、現時点では不明です。

Sponsored Link

YAMAHA motoGP

ヤマハ発動機はセパン・インターナショナルサーキット(SIC)と覚書を交わしたことを発表します。ヤマハ発動機とセパン・インターナショナルサーキット(SIC)の間に交わされた覚書は、ヤマハが2019年、2020年、2021年に渡り、YZR-M1をセパン・インターナショナルサーキット(SIC)のサテライトチームにリースするという内容です。

(Source: yamahamotogp)

(Photo courtesy of yamahamotogp)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link