★MotoGP2017 Ducati ハンマーヘッドの実戦投入はまだ先

カタールテストで初めて披露されたDucatiの通称ハンマーヘッドですが、実戦投入はまだまだかかりそうです。しかしダウンフォースの発生とコーナーの中でのパフォーマンス、最高速の釣り合いが上手く取れた段階では、特定のトラックでは有利に働きそうな予感がします。

Sponsored Link


Ducatiはハンマーヘッドフェアリングに関してさらなるテストを行う計画があるが、ファクトリーはこのカウルデザインをまだMotoGPに提出する事を計画しているわけではないようだ。Ducatiはウイングレットの禁止を受けてこのカウルをカタールのプレシーズンテストで登場させたが、レースウィークエンドでの使用に関しては通常のカウルを登録していた。そしてこの開幕戦ではアンドレア・ドヴィツィオーゾがマーヴェリック・ビニャーレスに次ぐ2位を獲得している。今週ヘレスのプライベートテストで、ハンマーヘッドフェアリングはDucatiのオフィシャルカラーにカラーリングされていたが、今後のレースための承認はまだ得ていないとのこと。

Ducatiスポークスマン

「現時点で新型カウルの承認を受ける事は考えていません。まだ作業を進めているところなんです。」

Ducatiは他の4メーカーと同様に新しいエアロボディ ホモロゲーションに沿ったカウルを提出するわけだが、2017年シーズン中は1種類のデザインの提出しか出来ない。そしてそれにも関わらず、しっかりと機能するものを製作する必要がある。カタールでのテストでは、ハンマーヘッドは失われたウイングによるダウンフォースをほとんど取り戻す事が出来る事がわかったが、コーナリングの難しさに加えて、トップスピードを10km/hほど失うということがわかった。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「結果には非常に満足しています。ウイングレット無しで同等のダウンフォースを発揮するのは難しいですからね。興味深いですし、シーズン中に間違なく使用するでしょう。まだ、「いつ」「どのように」というのは未確定ですけどね。ポジティブな点がネガティブ点よりも小さいんです。ダウンフォースがあって安定感はあるんですが、コーナーの中でのネガティブさがあります。これは常にバランスなんですよ。」

一方、KTMを除くメーカー達はダウンフォースを生み出す特別なカウルのテストを行っている。そしてこの中ではスズキだけがカタールGPでこのカウルを使用している。
ヤマハとアプリリアもそのカウルをカタールで認証を受けたということがわかっている。このカウルは2016年のバレンシアで使用されたカウルの羽なしのバージョンと共に使用される。なお、ホンダはDucatiと同じくスタンダードフェアリングのアップデートを選択した。

なお、第4戦ヘレスGPの後には、5/8より公式のヘレステストが開催される。これはドヴィツィオーゾとロレンソが、プライベートテストの日程を使用したくない場合、再びハンマーヘッドをグランプリから離れてテストをする機会となる。つまりこのフェアリングの開発は、ヘレステストで1日しか走らなかったファクトリーの2人と比較して、3日間走り込んだミケーレ・ピッロが行うこととなる。

このあとMotoGPは、ヨーロッパラウンドに向かう前に、アルゼンチンとオースティンに向かう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link