★FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 2日目の合同テストトップもヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは2日目の合同テストのトップタイム 2:06.273 を記録した。過去3年間鈴鹿8耐で優勝しているこのチームは、カワサキ・チームグリーン、ホンダHRCチームよりも優れたタイムを記録している。

Sponsored Link

こうしたテストの中では、チームは最後のセッティングを行うことが出来るが、2015年から鈴鹿8耐で優勝を続けているヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは既にアタックモードだ。中須賀克行、アレックス・ロウズ、マイケル・ファン・デル・マークは、2日目のテストで2:06.273を記録。このタイムは昨年のアレックス・ロウズの2:06.932を破り、2015年にポル・エスパルガロがトップ10トライアルで記録した 2’06.000に迫った。

彼らのパフォーマンスをこうした走行から判断するとすると、7月29日の鈴鹿8耐では凄まじいレースが期待出来る。しかしカワサキ・チームグリーンも2:06.838を記録。渡辺一馬、レオン・ハスラム、ジョナサン・レイも同様に鈴鹿8耐での優勝を目指している。

ホンダHRCは3番手タイムとなる2:07.500を記録。その次にはYoshimura Suzuki Motul Racingが2:07.838で続く、その後にはMusashi RT Harc-Pro Hondaが2:08.280、au.Teluru MotoUP RTが2:08.483で続いている。

フルシーズン参戦しているチームとしてはYARTヤマハが最速タイムとなる2:09.021を記録。これはF.C.C. TSR Honda Franceの2:09.488を上回るものだ。今年の鈴鹿8耐が最後の世界耐久選手権への参戦になると発表したGMT94ヤマハは2:10.738を記録。スズキ・エンデュランス・レーシング・チームは2:12.170を記録した。

最終日のテストは木曜日に行われ、第41会鈴鹿8耐にエントリーしている64のチームは、7月26日のプライベートテストに参加する。

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link