★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし

KTMはヘレスGPの後のテストでビッグバンエンジンのテストも行うと噂されていますが、それまではKTMにとって未知のサーキットであるアルゼンチン、オースティンでは、特にこれといったアップデートは行われないようです。

Sponsored Link


KTMはMotoGPバイクの新しい開発部品の評価を、ヘレスGP開催後のテストまで待つ予定だ。KTMは2016年にバイクの開発、ワイルドカードの参戦などをした後のウインターテストで、新しいパーツを次々と投入。こうしたアイテムに続き、KTMは新しいフレームをウインターテストでテストし、カタールでも異なるスペックのエンジンを試していた。しかし、開幕から数戦は現状のパッケージを維持するようだ。エスパルガロとスミスは開幕で16位、17位となり、この後はヨーロッパに向かう前にテルマス・デ・リオ・オンド、オースティンへと向かう。

ブラッドリー・スミス

「最初の4戦はこのままの構成で走り、出来る限りのリファインをしていきたいと思っています。ヘレステストでは、ミカがテストチームと試していた新しいパーツを試します。」

KTMはこの次の2戦の舞台には2016年にテストで訪れたことがないが、ヘレスは昨年の11月にスミスも参加したテストを含め3回テストを行っている。スミスは開幕戦に関しては、様々な部分を1つにまとめるためのものだったと語る。なお、エスパルガロはポイントを獲得出来る最後の順位で完走した、Marc VDSのティト・ラバトから4秒遅れでレースを終えている。

「ラバトが僅か4秒差だったこと、そして彼の前には何人もの選手がいたということで、楽観的に考える事が出来ます。これは数年前のワークスホンダマシンですから、それがこれだけ近いということは自分達の次のレベルがこれだということです。アルゼンチンやオースティンはトラックをよく知りませんが、ヨーロッパラウンドのヘレス、ル・マンなどで近づき、勝つ事が出来るでしょう。そしてそこからさらに前に進んでいくんです。そしてその先のシーズン中盤で何が起こるかです。」

スミスはグリッドで唯一となったスクリーマーエンジンを電子制御の改善で調整する事が、新しいパーツの有無に関わらずタイムを縮める鍵だという。

「基本的にはパワーを上手く使用するということなんです。自分にとって大事な事は、ウイリーしたり、スピンしたりという問題を起こさずにパワーをいかに路面に伝えて前に進む力にするかということなんです。これは単純に全ての適切なバランスを見つけるということなんです。これが自分達が挑戦を続け、進歩をしたいと思っていることなんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロッシ「昨日のような走りが出来なかった」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「再び表彰台を狙う」
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「今年は良いレースにしたい」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「より2016年に近いアプローチで走る必要がある」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017フランスGP FP3結果
★MotoGP2017フランスGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」