★MotoGP2018ドイツGP 予選1位マルケス「後半の15周からが鍵となる」

最後の最後でポールポジションを獲得したマルク・マルケス。これでザクセンリンクでは9連続ポールポジション獲得となりました。決勝レースでも当然9連続優勝の期待がかかります。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「今日はポールが取れるとは思っていませんでした。しかしこれを遂げる事が出来たので最高です。チームは3本のタイヤを使用するという完璧な戦略を立ててくれました。これによってポールポジションを獲得できたんだと思います。新しいタイヤを履けばDucatiが非常に速いということはわかっていました。ただ、2回目の走行の時点で、次の走行で一番良いフィーリングがあるハードタイヤでさらにプッシュ出来るだろうとわかっていたんです。ただプッシュしてる中で転倒しそうになり、ターン3では危ないところでした。とにかく最後までプッシュを続けて0.025秒差でポールを獲得出来ました。ダニロには申し訳ないとは思いますが、(※初ポールの可能性があったので)2人とも1列目からのスタートで、これこそが重要なことです。明日は最初の15周、後半の15周という2つのレースと言えると思います。前半は皆が速いと思いますが、後半はタイヤが垂れてきます。そしてこの時点からが鍵となります。自分たちはユーズドタイヤで21秒後半というペースを維持するという事に集中してきました。ただ明日は厳しい戦いになるでしょうね。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link