★「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援! YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。


6月4日にスポーツランドSUGOにて開催される「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援!YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。

Sponsored Link

YZF-Rオーナーズミーティングではプロライダーのデモ走行やトークショー、パーツ・グッズの展示販売など、さまざまなイベントが行なわれます。
プレストもこのイベントを後援!最新2017年モデルのYZF-R1、YZF-R1M、YZF-R6の展示を行ないます。

展示車両:


YZF-R1 (カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC(青)・マットダークグレーメタリック6(黒))


YZF-R1M (カラー:ブルーイッシュホワイトメタリック2)


YZF-R6 (カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC(青)・マットダークグレーメタリック6(黒))

YZF-R1シリーズ、YZF-R6シリーズに加え、YZF-R7、YZF-R125、YZF1000Rサンダーエース、YZF600Rサンダーキャットなどプレストが扱ってきた歴代のYZFシリーズのオーナーもぜひお越し下さい。
イベントを通じて同じ”R乗り”の交流を深めましょう!!

ご参加頂くには事前のエントリーが必要です。
エントリーの締め切りは4月23日(日)までですが、参加エントリーが駐輪スペースを大きく上回る場合は締め切り以前にエントリーを終了する場合がございます。ご注意ください!

ミーティングの詳細および事前エントリー申し込みは「YZF-R オーナーズミーティングホームページ」まで!

・YZF-R オーナーズミーティングホームページ [http://yzf-r.com/]

不正改造車の入場は固くお断り致します。

YZF-Rオーナーズミーティング実行委員会は、道路交通の安全確保およびライダーのマナー向上活動の一環として、不正改造防止活動を行っています。

YZF-Rオーナーズミーティングへの不正改造車の入場は固くお断りします。とくに不正改造マフラーによる排気騒音は、観光の方や地域住民の皆様、開催地の地権者様への迷惑となり、イベントの健全な継続開催に今後影響を与えることも予想されます。
不正改造マフラーの使用は、車両本来の性能に影響を与えるばかりか、モーターサイクルをこよなく愛する皆様が集う「イベント」の機会剥奪にも繋がりかねない行為です。法令に基づく正しい車両整備、道路交通法を守った安全運転でモーターサイクルライフを楽しんでいただけますようお願いいたします。

<プレストコーポレーション プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★カワサキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★モト・イタリアーナ東京西(カネバン)試乗展示会のお知らせ
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000F ABS 7月発売予定
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★ヤマハグランプリ通算500勝を達成
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017カタルーニャテスト ビニャーレス「再び良い感触でライディング出来た」
★Honda Racing parts collection 第4弾 MotoGP™マシンのパーツを限定販売!!
★Triumph(トライアンフ) ロアーズ オリジナル・ポストカードプレゼント
★MotoGP2017オーストリアGP フォルガー「レッドブル・リンクでのレースは楽しい」
★MotoGP2017イギリスGP ザルコ「目標はトップ選手達とバトルをすること」
★御社のカスタムバイクを「気になるバイクニュース」でPRしませんか?
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★ヤマハ <エンジニア、デザイナー、プランナーの方へ>バイクとの新しいライフスタイルを創造する『BIKE_A_THON(バイカソン)』10月13日から募集開始!
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選7位ロッシ「何らかの作業が必要」
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R6レースベース車」を受注生産で発売
★2018年のホンダモーター・ヨーロッパのレース体制にジョン・マクギネスの名前なし
★ブレンボ マスターシリンダーの大規模リコールについて文章を発表