★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「再び表彰台を狙う」

昨年はタイヤ交換を挟んだレースとなったアルゼンチンGPですが、ロッシ選手にとってはカタールGPで進めていたフロントエンドの改善の進捗を確かめるレースでもあります。

Sponsored Link

今週末のアルゼンチンGPでは、ヴァレンティーノ・ロッシと彼のチームが本当にM1のフロントエンドのブレイクスルーを遂げたのかがわかる。

ロッシは最新のミシュランタイヤに自信を持つことに苦戦している。ロッシはコーナーエントリーでタイヤが柔らかすぎるとウインターテストの間に感じていたが、カタールのレースでは見事な結果を出している。

ロッシは予選は10位スタートとなり、ウォームアップでは13位だった。しかしドクターはこうした困難に打ち勝ち、優勝したマーヴェリック・ビニャーレスから1.9秒遅れとなる3位を獲得している。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「チャンピオンシップの簡単なスタートではありませんでした。テストの間は懸命に作業を行いましたが、開幕戦の週末に特にフロントに関していくつかの内容を修正しました。レースは良い形で進みました。表彰台が獲得出来て非常に嬉しいですね。これからアルゼンチンに向かいます。ここは自分が大好きなトラックで、ここでレースをするのは嬉しいです。昨年はかなりコンディションが悪かったので、今年は路面状態が良いことを願っています。良い形で作業を進めて、再び表彰台に登りたいですね。」

ロッシは2015年にマルケスが転倒した後のレースでテルマス・デ・リオ・オンドで優勝している。そして昨年はマルケスに次いで2位を獲得している。なお、このレースでは途中でタイヤ交換が義務付けられていた。

マッシモ・メレガリ

「ここでは強い走りが出来ます。とは言え、昨年同様にトラックコンディションとグリップレベルは少しチャレンジングになる可能性があります。ただ、チームはここ数年良い結果を残しています。金曜のセッションから開幕戦と同様に良い結果を求めて作業を進めます。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2017年のカラーリングを発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「目標はアプリリアでのMotoGP初優勝」
★MotoGP2017アメリカGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017ヘレスGP 予選8位ロレンソ「イアンノーネに張り付かれるのはもう慣れっこ」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選9位ビニャーレス「リアのグリップが感じられない」
★MotoGP 2019年から電動バイクシリーズを本格的に検討
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★MotoGP2017ティト・ラバト 2018年はReale Avintia Ducatiから参戦
★MotoGP2017アラゴンGP イアンノーネ「GSX-RRのフィーリングを向上させたい」
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「ロッシより後ろのライダー達は恥じるべき」
★MotoGP2017Marc VDS ジャック・ミラーの代役として青山博一を起用
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選7位ロッシ「何らかの作業が必要」
★MotoGP2017 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「ヤマハが戦闘力の高いパッケージ供給してくれると信じている」
★MotoGP イギリスGPをシルバーストーンで2020年まで開催
★MotoGP2017バレンシアGP ジジ・ダッリーニャ「技術的に大きく前進したシーズンだった。私はロレンソを信じている」