★FIM世界耐久選手権 2018-2019シーズンに新チーム「カワサキTati Team Trick Star」が誕生

世界耐久選手権の来シーズン(といっても9月ですが)に日本のトリックスターレーシングとフランスのTati Team Beaujolais Racingが組んで新チームが発足します。2つの共同チームの走りが楽しみです。

Sponsored Link

世界耐久レースでは素晴らしい友情が生まれることがある。Tati Team Beaujolais Racingとトリックスターレーシングは、FIM EWCタイトル獲得のために協力していくこととなった。

フランスのTati Team Beaujolaisは最近スーパーストックワールドカップにおいて優勝し、毎年成績を向上させている。日本のトリックスターは2006年から鈴鹿8耐に参戦を続けており、2009年には鈴鹿8耐で2位を獲得している。トリックスターとTati Team Beaujolaisは昨年はライバルとして戦い、トリックスターは2016-2017 FIM EWCにおいて年間ランキング10位、これはTati Team Beaujolaisの1つ下という形だった。

予算不足によりフル参戦が出来なかったトリックスターは、スーパーストッククラスの優勝チームとの提携を持ちかけた形だ。

Tati Team Beaujolaisはチームのテクニカルサイドを担当し、トリックスターはスペアパーツ、予算、ライダーとして鈴鹿8耐で10位以内で何度も完走している出口修を提供する。また彼は2016年にはトリックスターでボルドール耐久を3位で終えている。

彼らの共同チームのスタートは、来シーズン(9月)となる2018-2019 FIM EWCのボルドール耐久だ。新しいチームはカワサキTati Team Trick Starという名称となり、スーパーストッククラスに参戦。ライダーはJulien EnjolrasとKevin Denis、出口修だ。

Tati Team Beaujolais Racing Patrick Enjolras

「十分な予算を組んでEWCクラスに挑戦するスポンサーを惹きつけたいと思っています。しかし重要なことは常に前進を続けることです。トップ5を狙っています。」
(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link