★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」

プレシーズンテストでかなりの速さを見せていたバウティスタ選手は、カタールGPでも良い位置を走行していましたが転倒リタイアしています。久しぶりのMotoGP復帰となったアブラハム選手も転倒者が多かったレースを15位で完走し、アルゼンチンへと向かいます。

Sponsored Link


最終的に表彰台を獲得したヴァレンティーノ・ロッシとダニ・ペドロサの間の6位という順位で転倒したアルヴァロ・バウティスタは、今週のアルゼンチンGPでトップ5を再び狙う。

アルヴァロ・バウティスタ

「バッテリーをチャージして、カタールのレースのポジティブさをアルゼンチンに持っていきたいと思います。妙な週末のスタートの後に、フロントグループと共に走れたということが重要です。非常にモチベーションを高く保っていますし、今週末にも準備が出来ています。アルゼンチンは難しいサーキットではありませんし、Ducatiにも高速サーキットということで合っています。目標としてはスタートからハードに作業をするということに変わりません。トップ5で戦えるフィーリングが得られるかどうかですね。難しいと思いますが、カタールでは良い感じでしたから我々の側にもう少し運があればというところですね。」

チームメイトのカレル・アブラハムはロサイルを14位で終え、2014年のミサノ以来となるポイントを獲得した。

カレル・アブラハム

「カタールでの良い週末に続き、既にアルゼンチンの事を考えています。良い開幕戦となりましたし、既にポイントも獲得しています。良いスタートと考えて良いと思います。
これからはヨーロッパとは完全に異なる時間帯のサーキットに向かいます。テルマス・デ・リオ・オンドは自分が気に入っているサーキットの1つです。今のポジティブな流れを、パフォーマンスと結果で示したいですね。」

なお、バウティスタはGP16、アブラハムはGP15を操縦する。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link