★FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久 トップ10トライアルトップはジョナサン・レイ

トップ10トライアル(計時予選方式)の結果です。1位はKawasaki Team GREENのジョナサン・レイが記録した2:05.403、2位はRed Bull Honda with Japan Postの2:06.127で、その差はなんと0.724秒という驚異的なもの。3位はYAMAHA FACTORY RACING TEAMの2:06.170、4位はMuSASHi RT HARC-PRO. Honda、5位YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING、6位S-PULSE DREAM RACING IAI、7位au Teluru MotoUP racing Team、8位YART – YAMAHA、9位KYB MORIWAKI MOTUL RACING、10位Team SuP Dream Hondaとなりました。

Sponsored Link

明日は朝にウォームアップ走行があった後に11:30から決勝レースがスタートする予定となっています。台風の影響も考えられますので、最新情報は公式ツイッターなどをご参考下さい。

(Source: EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link