★FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久 決勝レース結果

昨日台風の中行われた第41回鈴鹿8時間耐久レースの結果です。優勝はこれで鈴鹿4連覇となるYAMAHA FACTORY RACING TEAMでした。2位はファクトリー体制でヤマハを食い止めるべく参戦したRed Bull Honda with Japan Post、3位はポールポジションからスタートしたKawasaki Team GREENでした。

Sponsored Link

4位にはS-PULSE DREAM RACING、5位はF.C.C. TSR Honda Franceが入り、総合171,5ポイントを獲得。F.C.C. TSRの年間チャンピオンが獲得。日本チームとして初めてFIM世界耐久選手権シリーズのチャンピオンとなりました。6位はチャンピオンシップにおいてF.C.C.を追っていたGMT94 YAMAHA。総合ポイントは158,5となり、総合ランキング2位となっています。

7位はHonda Asia-Dream Racing、8位はKYB MORIWAKI MOTUL RACING、9位はHonda Endurance Racing、10位YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING、11位にTeam KAGAYAMA U.S.A.、12位Suzuki Endurance Racing Team、13位BMW Motorrad39、14位MERCURY RACING、15位BMW Financial Services 135となりました。

(Source: EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link