★FIM世界耐久選手権シリーズ 2017-2018シーズンチャンピオンを獲得したのはF.C.C. TSR Honda France

2017-2018シーズンのFIM世界耐久選手権シリーズの総合結果です。総合171,5ポイントを獲得してシリーズチャンピオンとなったのはF.C.C. TSR Honda Franceです。これで日本チームとして初めて世界耐久選手権で優勝を飾ったことになります。2位GMT94 YAMAHA、3位Honda Endurance Racingとなりました。

Sponsored Link

4位WEPOL Racing by penz13.com(BMW)、5位MERCURY RACING(BMW)、6位はSuzuki Endurance Racing Team、7位NRT48(BMW)、8位TEAM SRC KAWASAKI FRANCE、9位Bolliger Team Switzerland(カワサキ)、10位Tati Team Beaujolais Racing Kawasakiとなりました。

なお総合10位を獲得したTati Team Beaujolais Racingは、来シーズンから日本のトリックスターレーシングと合同チームとなり、カワサキTati Team Trick Starとして選手権に出場することになります。

(Source: EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link