★FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久 Yamaha Factory Racing Teamが4連覇

Yamaha Factory Racing Teamが鈴鹿8耐 4連覇を達成

第41回大会となった鈴鹿8耐においてレースは夜まで激しい闘いが続いた。序盤はKawasaki Team GreenとYamaha Factoryの戦いがRed Bull Honda with Japan Postの前で続いた。しかし最終的にこの戦いを制したのはYamaha Factory Racing Teamだった。Yamaha Factory Racing Teamは昨年と同様のラインナップとなる中須賀克行、アレックス・ロウズ、マイケル・ファン・デル・マークでの優勝だった。これはチーム、そして中須賀にとっては4年連続となる鈴鹿8耐優勝となった。中須賀はこれで1993-1995年の鈴鹿8耐3連勝のアーロン・スライトの記録を破った。

Sponsored Link

Red Bull Honda with Japan Postは序盤のウェット状態のトラックでレースをリードしたが、Yamaha Factoryから30秒遅れでゴールとなった。Kawasaki Team Greenは序盤レースをリードしていたが、ジョナサン・レイが転倒したことで1周遅れで3位を獲得している。Suzuki S-Pulse Dream Racing IAIはミスなくレースを終えて4位を獲得。ヤマハ、ホンダ、カワサキと日本勢が表彰台を独占したレースで4位となった。

F.C.C. TSR Honda Franceが今シーズンのFIM EWCチャンピオンに

5位で完走したF.C.C. TSR Honda Franceは史上初となる日本チームとしてのFIM世界耐久選手権チャンピオンとなった。GMT94ヤマハは後半にペースを上げたもののレースで6位、チャンピオンシップ2位で終わった。しかしGMT94ヤマハはAnthony Delhalle EWC Spirit Trophyを獲得している。またイギリスのチームであるHonda Endurance Racingがレースで9位、チャンピオンシップにおいて3位を獲得した。


(Source: EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link