★MV AGUSTA 42年間の空白の後に新型バイクでロードレース世界選手権Moto2に参戦

MVアグスタは42年間の空白の後に世界選手権に復帰します。このイタリアの最高級ブランドは世界中でタイトルを獲得しており、経験豊富なレースチームと共にMV Agusta & Forward Racing Teamとして、共にモーターサイクルの新たな歴史を作っていきます。

Sponsored Link

MV AGUSTA CEO ジョバンニ・カスティリオーニ

「世界選手権へ復帰するという夢を叶えることが出来て本当に嬉しいです。全てのエンジニア、テクニシャン、デザイナー、そしてこのプロジェクトをこの短期間で実現してくれたForward Racing Teamにも感謝したいと思います。ジョバンニ・クザーリが私達を信頼してくれたこと、私達がベストを尽くせるようプッシュしてくれたことに感謝します。まだ作業は沢山残っていますが、少しづつ競争力を高めていきたいと思います。」

チームオーナー ジョバンニ・クザーリ

「クラウディオの時代からMV AGUSTAの世界選手権復活という夢を追ってきました。MV AGUSTAにMotoGPへの復帰を何度も呼びかけたんです。ジョバンニが父の座を継いだ時、こうした野心的なプロジェクトが可能なのだと言って聞かせました。そして遂に彼は成し遂げたのです。42年の空白の後、Moto2 MV AGUSTAプロトタイプと共に最初の一歩を踏み出します。非常に感動していますが、まだまだ最初の一歩目に過ぎないとわかっていますし、多くの作業が待ち受けていることもわかっています。」

「MV AGUSTAの心臓部であるカスティリオーニ・リサーチ・センターのことをしっかりと理解していく必要がありますし、このプロジェクトを成功させるために必要なものが全て揃っていると自信を持っています。パオロ・ビアンキに率いられているグループの情熱とプロ意識、そして個人個人に私が感謝している素晴らしいチームと共に進むこのプロジェクトは、間違いなく最高の結果を得るための最高の組み合わせでしょう。今日はこの素晴らしいブランドで高みを目指すためのスタートです。このプロジェクトをサポートしてくれた人達全ての感謝を捧げます。これからはトラックでの作業に集中していきましょう。」

プロジェクトリーダー ブライアン・ギレン

「世界選手権に復帰するというのは数年間温めていたアイディアで、2019年にレギュレーションが変わるということで、過去6年間スーパーバイクとスーパースポーツで開発していたノウハウを盛り込む最高の機会となりました。Moto2プロジェクトは野心的なもので、完璧な新しいバイクを作り上げるために、我々のR&Dセンターとレースの経験全てを盛り込みました。これがライバルと違いを生み出していると思いますし、まさにMV AGUSTAの価値を体現していると言えるでしょう。」



<MV AGUSTAプレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link