★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ

KTMに続いてハスクバーナ(Husqvarna)もエンデューロモデルにフューエルインジェクション 2ストロークエンジンを搭載するとのこと。ハスクバーナ(Husqvarna)の親会社がKTMである以上不思議なことではありませんが、これが今後ストリートモデルにも転用されていくのかどうかというのは気になるポイントです。

Sponsored Link

ハスクバーナ(Husqvarna)がKTMの後を追って、2018年のいくつかのエンデューロ2ストロークモデルをフューエルインジェクション化するというのは驚くべきことではない。長いこと噂が囁かれ、そして長い開発機関を経て、KTMは数週間前に市販2ストロークモデルのフューエルインジェクション化を達成した。なお、この技術はKTM 250 EXC TPI、KTM 300 EXC TPIに搭載される。

ハスクバーナ(Husqvarna)は同様の技術を、同様のセグメントのモデルに投入。今日、2018年モデルのTE250iとTE300iにこの、トランスファー・ポートインジェクション技術を採用すると発表している。

これらのモデルがヨーロッパでEuro4を満たすことから、フューエルインジェクション2ストロークが、ダートバイクの世界では未だにポピュラーである2ストロークというセグメントに再び活気を与える事が期待されている。そしてこの技術が、エンデューロモデルだけでなく、ストリートモデルにも使用される事があるかもしれない。

想像の通り、KTMとハスクバーナ(Husqvarna)のラインナップには重なる部分が多い。しかしこのフューエルインジェクション2ストロークという技術は、この欧州ブランドの日本ブランドとの差別化に役立っている。

であるからして、今後KTMとハスクバーナ(Husqvarna)の2ストロークモデルが2018年にどうなっていくのかは興味深い。なお、ハスクバーナ(Husqvarna)はフューエルインジェクション2ストロークモデルに関して、5月30日にさらなる発表があるとしている。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★Ducati2気筒への決別 1299パニガーレRファイナルエディションを発表
★Ducati デスモセディチSTRADALEエンジン ギャラリー
★MotoGP2017アラゴンGP カリオ「明日しっかりと結果を残す事が重要」
★MV Agustaとルイス・ハミルトンのコラボレーションモデル MV Agusta F4 LH44が限定44台で登場
★MV Agustaから205馬力の2018年式F4 RCが登場
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCRF250 RALLYを出展
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★カワサキ EICMAでニンジャH2 SXを発表
★プレストコーポレーション 2018年モデルのYZF-R1とYZF-R6発表
★ヤマハ “BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター 「TRICITY125/ABS」 2018年モデルを発売
★KTM 2017年は7年連続で販売台数増となる239,000台を販売
★ダカールラリー2018 ステージ8優勝はKTMのアントワン・メオ
★ダカールラリー2018 ステージ13優勝はKTMのトビー・プライス