★”スクランブラー”スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、人気の”スクランブラー”スタイルに941cm3空冷Vツインエンジンを搭載したスポーツモデル「SCR950 ABS」を5月25日より発売します。

「SCR950 ABS」は、”Tough Explorer”をコンセプトに、鼓動感のあるVツインエンジンの搭載、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する”スクランブラー”を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発しました。
主な特徴は、1) 幅の広いハンドル、ゼッケン風サイドカバー、前後スポークホイールの採用やヴィンテージ感を漂わせたカラー&グラフィックなどによる”スクランブラー”を感じさせるスタイリング、2) 優れたトルク、出力特性を発揮し心地よい鼓動感をライダーに伝える941cm3空冷4ストロークVツインFIエンジン、3) ロング&フラットなシートの採用、ハンドル位置、フットレスト位置などによる自由度の高いアップライトなライディングポジションなどです。
コンセプトを具現化するため、「BOLT」系をベースとしながらも、ライディングポジションの変更、新設計のリアフレームの採用、リヤタイヤの17インチ化など新フィーチャーを織り込みバランスを整えました。

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
SCR950 ABS
・ビビッドレッドカクテル1(レッド)
・ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)
2017年5月25日 1,060,560円
(本体価格 982,000円/消費税 78,560円)
300台
(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
Sponsored Link

主な特徴

1) 1960年代の”スクランブラー”を感じさせるスタイリングとカラーリング
スタイリングでは、クロスバー付きの幅の広いハンドル、フランジレス化されたティアドロップ風タンクから流れるフラットシート、スラントマフラー、オフロード走行も想定した足回り、ゼッケン風サイドカバー、質感を感じるスチール製の前後フェンダーなどを採用。カラーリングでは、シンプルでタイムレスなカラーリングを採用。これらにより、1960年代の”スクランブラー”を感じさせるデザインをアピールしています。一方で、液晶メーターやLEDテールランプなどの装備により、現代のトレンドも折り込んでいます。

2) 優れたトルク、出力特性を発揮し心地よい鼓動感をライダーに伝えるVツインエンジン
“Tough Explorer”のコンセプトに基づき、定評のある941 cm3の空冷4ストローク・60度V型2気筒・4 バルブFIエンジンを搭載しました。バランサーレス設計のエンジンはリジット懸架として、車体の強度メンバーに活用し、心地よい鼓動感をライダーに伝えます。FIは点火時期・噴射マップの最適化を図っており、都市部周辺での低中速からの優れた加速性に貢献しています。また、エンジンフィンは全面黒塗装処理として”塊”感を強調しました。

3) 自由度の高いアップライトなライディングポジション
フレームは、ベースとなる「BOLT」系のメインフレームを受け継ぎながら、新設計のリアフレームを組み合わせました。これによりロング&フラットでスリムなシートを備えることが可能となっています。このシートに加え、広い幅でありながら絞り角が少ないクロスバー付きハンドル、フットレスト位置の相互関係がアップライトで自由度の高いポジションを可能としています。とくに、スリムなタンクやコンパクトなエアクリーナーボックスなどの効果も相まって、自由度のあるライディングポジションをもたらします。

4) その他の特徴
■良好なクッション特性を備える専用セッティングされたインナーチューブ径41㎜のフロントサスペンション ■ダンピング特性を専用セッティングし、ガス分離加圧のリザーバータンクを装着したリアサスペンション ■軽量アルミリムを持つスポークホイールと組み合わせたブロックパターンタイヤ ■ウェーブ形状の前後ディスクブレーキ(フロントはフローティングマウント) ■丸型LEDテールランプ ■丸型液晶表示デジタル速度計(スモークレンズ採用)

「SCR950 ABS」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-VN09J/N609E
全長×全幅×全高 2,255mm×895mm×1,170mm
シート高 830mm
軸間距離 1,575mm
最低地上高 145mm
車両重量 252kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
31.0km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 21.2km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 V型2気筒
総排気量 941cm3
内径×行程 85.0mm×83.0mm
圧縮比 9.0:1
最高出力 40kW(54PS)/5,500r/min
最大トルク 80N・m(8.2kgf・m)/3,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.30L
燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 11.2Ah(10HR)/YTZ14S
1次減速比/2次減速比 1.674(72/43)/2.333(70/30)
クラッチ形式 湿式,多板
変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速 3.066/2速 2.062/3速 1.578/4速 1.259/5速 1.041
フレーム形式 ダブルクレードル
キャスター/トレール 29°00’/130mm
タイヤサイズ(前/後) 100/90-19M/C 57H/140/80R17M/C 69H (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「SCR950 ABS」 主フィーチャーマップ

<ヤマハ発動機株式会社 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017アメリカGP フォルガー「さらに多くのポイントを獲得出来るはず」
★MotoGP2017ヘレスGP ザルコ「ヘレスで、バイクをどのようにコントロール出来るか楽しみ」
★ヤマハ発動機 2017年12月期 第1四半期の連結業績の概要について
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017 Ducatiファクトリーのライダー達からニッキーへと贈る言葉
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「ポジションは良くないがバイクのフィーリングが悪くない」
★MotoGP2017ブルノテスト ロッシ「新しいフェアリングは良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良い週末にして表彰台を狙いたい」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「快適に走る事が出来ている」