★MotoGP2018チェコGP マルケス「ハードフロントタイヤが日曜に向けたタイヤになる」

日曜のタイヤチョイスはフロントはハードと語るマルケス。リアのタイヤチョイスが重要になるのはいつも同じですが、今年は昨年よりも1周周回数が短くなっていますから、そうして部分も加味したタイヤ選択となるのでしょう。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「1ヶ月前に良い形でテストが出来ていますので、良いセットアップでスタートすることが出来ました。現在は非常に暑いのでコンディションは大きくことなりますが、そのせいもあってセットアップを調整する必要がありました。これに関して作業を進めており、ミディアムタイヤで前半、ハードタイヤで後半セッションを走りました。最終的にハードタイヤで良い走行が出来ましたね。ランキングでは下のほうになってしまっていますが、レースに向けたリズムに関して作業を進めていますし、トップとのギャップを詰める作業を進めています。」

「ドヴィはユーズドタイヤで走り込みをしており、ダニも今日は非常に良い走行をしていました。土曜になれば自分達の位置に関して明確なアイディアが持てるでしょう。現時点ではハードフロントタイヤが日曜に向けたタイヤになるかと思います。しかしリアに関してはまだまだ作業が必要です。日曜は雨が降るかもしれませんが、かなり暑かったとしてもドライのままであることを願っています。そのほうがミスを犯す可能性は低いですからね。雨が降ったとしたらそれはそれで良いレースをするだけです。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link