★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活

NM4が北米の2018年モデルのラインナップに復活するようです。イマイチ人気があるのかないのかわかりませんが、アメリカホンダによると「特定のセグメントでは成功を収めている」ということです。映画「Ghost in the Shell」の影響で売上が伸びるでしょうか?

ホンダのNM4がホンダの2017年のアメリカ市場向けラインアップからラインアップ落ちしていたことに気づいている人はいないだろう。しかし、このモデルは2018年モデルとして戻ってくる。

Sponsored Link

ホンダの2018年モデルとして1台目のアナウンスがされたNM4だが、これは恐らくスカーレット・ヨハンソンが主役を務める映画「Ghost in the Shell」の影響だろう。笑いたければ笑えば良いが、NM4はバットマンのような格好をしていなくても実にライディングが楽しいバイクだ。

であるからして、ホンダNM4は、バイクの見た目だけでなく異なるセグメント間の垣根をも取り除くという、ホンダの伝統的なバイクと言える。ある部分はbaggerで、ある部分はスクーターであるNM4は、ユニークで気取らないライディングエクスペリエンスを提供する。670ccのパラレルツインエンジンは、DCTを搭載しており、このエンジンはホンダの最新のX-ADVアドヴェンチャースクーターにも搭載されている。
(※管理人注 北米モデルのNM-4のエンジンは670cc、日本仕様のNM4-01/NM4-02は745ccです。)

アメリカホンダ リー・エドモンズ

幾年にも渡り、ホンダは型破りなスタイルをパソフィックコースト、ワルキューレルーン、PS250(※英名はBig Ruckusでズーマーの英名であるRuckusの大型版という名前が面白いですね。)、DN-01などで推し進めてきました。NM4はこうした伝統を受け継ぐバイクです。確かに万人向けではありませんが、それがポイントなんです。特定のセグメントでは成功を収めていますし、様々なお客様から指示されています。ミレニアルズ(1980〜2000年初めの生まれ)世代やベテランのツアラー、女性にもです。彼らは長距離を走行するためにNM4を購入していますが、こうして2018年モデル最初の1台とした発表が出来ることは嬉しいですね。」


バイク版マックリブ(マクドナルドが毎年期間限定で販売しているマイナーメニュー)と言える2018年のNM4は、2017年6月から再び購入可能となる。価格は$11,299で、(登場時の価格$10,999より僅かに高い)色が黒である限りは、好きな色から選択出来る。
(※管理人注 ラインナップはブラックのみであるという皮肉)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link