★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」

ビニャーレス選手がスズキに残り、ペドロサ選手がヤマハに移籍していたら、ドヴィツィオーゾはレプソルホンダに加入していた可能性が高かったようです。そんなMotoGPも見てみたかった気もしますが。。

Sponsored Link

Ducatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾは2016年春のMotoGPにおけるシリーシーズン中の移籍劇の中、2017年にホンダに再び加入する可能性が高かったという。今シーズンのライダーの移動に関しては昨年速くにまとまった。なお、Ducatiは4月にヤマハからホルへ・ロレンソを獲得していた。

Ducatiの残り1つのシートについては、マーヴェリック・ビニャーレスがロレンソの代わりにヤマハに加入、ビニャーレスの代わりにイアンノーネがスズキに加入し、ドヴィツィオーゾはDucatiのシートを得た。ドヴィツィオーゾは2008年から2011年に加入していたホンダについて、ビニャーレスがスズキに残り、ダニ・ペドロサがヤマハに移籍する可能性があった時点では、移籍の可能性が非常に高かったという。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「他の選手がどう動くかにかかっていたんですけど、ホンダとの契約はもう少しでまとまるところでした。ただ、全てはビニャーレスの決断にかかっていたんです。もちろん、スズキという選択肢もあったんですけどね。」

ドヴィツィオーゾは彼のキャリアの中で2勝しており、これはホンダで走った2009年のドニントンパークと、昨年10月のセパンだ。彼はテック3ヤマハで1年走った後にDucatiに2013年に加入しており、先月のカタールGPでは2位を獲得、これは彼自身Ducatiでの13回目の表彰台となる。ドヴィツィオーゾはダニ・ペドロサがホンダ以外に移籍した場合に契約に至っていたということについて、ホンダが未だに彼に寄せる信頼について語る。

「ホンダと自分がもう少しで契約成立までに至った理由は、ホンダが自分がホンダにいた時にした仕事をしっかりと覚えていたくれたからでしょうね。21歳の将来のスーパースターってわけじゃないですけど、自分が何をもたらすことが出来るかを、ホンダはわかっているってことですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link