★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。

ポル・エスパルガロ選手がKTMのRC16とM1の比較をしているインタビューがありました。アグレッシブにライディングするとタイムが出るKTMのほうが自分には合っているとのことで、スクリーマーエンジンとM1のビッグバンエンジンについての比較に関しても言及しています。

Sponsored Link

ポル・エスパルガロはKTMの処女作であるMotoGPバイクに流れる哲学は、ヤマハのM1とは対極にあると語る。ポル・エスパルガロはアプリリアに、チームメイトのブラッドリー・スミスと共に2017年にテック3ヤマハから加入。

両ライダーともに何度もMotoGPでチャンピオンシップ優勝と勝利を重ねるM1と比較して、KTMのRC16はよりフィジカルなバイクであると感じている。2人はカタールGPを16位と17位で終え、エスパルガロはKTMのアグレッシブなスタイルは彼自身のライディングスタイルに合っていると語り、これはヤマハと大きく違うと語る。

ポル・エスパルガロ

「このバイクは自分にとってはヤマハよりも乗りやすいです。問題は自分達が遅いということです。このバイクでは乗り方が根本的に異なっていて、プッシュしていくとタイムが出るんです。ラップタイムを出そうとするとスムーズに乗る必要があるヤマハとは異なりますね。哲学自体が対極にあるんです。まだまだ始まったばかりですから、このバイクにはまだ性格がありません。自分達がこれから作っていくものなんです。自分達はこれからバイクを改善していきます。このバイクの性格を理解していますし、それを改善していく必要があります。」

エスパルガロは、他のバイクとのタイム差は、KTMの独自性であるスチールトレリスフレームと、スクリーマーエンジンにあると感じている。

「スタートからレース終了までバイクが攻撃的に走ることを要求するのは変わりません。シャーシに関してもヤマハとは異なります。ヤマハのように素早く旋回は出来ません。そしてエンジンが大きく異なります。このエンジンはより高回転で良い働きをする印象があります。ヤマハはより低回転からエンジンが働くんですが、これはコーナーの始まりの部分でタイヤに与えるストレスが少なく、よりグリップがあるんです。ライディングスタイルはヤマハよりフィジカル面を要求されます。ただライダーへの依存度が高いので、ヤマハのバイクよりもライダーによって違いを生み出す事が出来ます。

「ヤマハのバイクはある意味レールの上でライディングするような感じなんですよね。マーヴェリックが乗っているM1が変わっているのはわかりませんが、自分がM1を乗っていた時はそんな感じでした。1本の走行ラインがあって、それに絶対に従わないといけない感じなんです。このバイクではもう少し自由度があります。自分が思うようにライディング出来るんですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017開幕前アンケート
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝レース結果
★MotoGP2017アメリカGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★MotoGP 2017ドイツGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「シュワンツの批評にはトラック上で応える」
★MotoGP2017 カレル・アブラハム「出来ればドヴィツィオーゾにチャンピオンシップ優勝して欲しい」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★MotoGP2017サンマリノGP 14位ペドロサ「氷の上でライディングしているようだった」
★MotoGP2017アラゴンGP ロレンソ「良い思い出があるアラゴンで結果を残したい」
★MotoGP2017 最終戦でドヴィツィオーゾがチャンピオンシップ優勝する可能性はあるのか?
★MotoGP2017バレンシアGP 2位ザルコ「立ち上がりとコーナリングスピードに苦戦した。バックフリップはまた来年」