★往年の空冷ファンに捧げる XTR Pepo  Pata Negra

2003年式のモンスター1000をベースとしたカスタムバイクDucati Pata Negraをご紹介します。往年の空冷Ducatiレーサーが好きな人にはたまらないスタイルですが、オリジナルを再現するというよりは、今の技術を使って当時のバイクを再び作り上げるといった形のカスタムバイクです。エキゾーストの位置的に、中途半端な格好で乗ると火傷必須ですね。

空冷のバイクというのはユニークな魅力がある。これは空冷のバイクのほうがエンジンを身近に感じる事が出来ることから来ているのかもしれない。ライダーは山道を駆け抜けるバイクの真ん中にいるようなフィーリングを感じる事が出来るのだ。プラスチックのフェアリング遮られることなく、機械に乗っているのだと実感出来、バイクが持っているその魅力を思い起こさせるのだ。

Sponsored Link


マドリッドをベースにするXTR Pepoは、Ducati TT1やTT2、そしてF1にインスパイアされたPata Negraを製作した。XTR Pepoの創設者であるPepo Rosellは、長年に渡り美しいカスタムバイクの製作に携わってきた。そしてその手腕はこの Pata Negraにも発揮されている。なお、 Pata Negraというのは、スペインで最高級のイベリコ豚にも使われる言葉だ。

Pepoによると、スペインでは最高級のものを全てPata Negraと呼ぶようで、Ducatiがムンジュイック(※日本ではモンジュイと呼ばれますが、正しい発音ではありません)24時間で勝利した際のバイクについてもPata Negraと呼べるということだ。


このバイクの始まりは2003年式のDucatiモンスター1000だ。Rosellはこのバイクを販売し、このバイクは幸せな人生を送った後、Rosellの元に再び帰ってきた。まずは992cのLツインエンジン内部に、新しいベアリング、ハイコンプレッションピストン、軽量フライホイール、ポート加工などが施された。長年の走行でたまったエンジン内部のカーボンも取り払わた。

エンジンの作業が終わると、エンジン外部の古びた色が美しいゴールドへと変更された。さらに赤のEVRクラッチプラートを装備し、SpeedyMotoのLeggroオープンベルトカバーが取り付けられた。その後はトレリスフレームに手が加えられ、まずはリアのサブフレームの短縮化を行ない、ソロシートが作られた。シートカウルの左側は新たなメガホンマフラーに合わせて加工されており、これは早朝のライディングにはライダーを暖めるために良いかもしれないが、午後にはライダーを苦しめそうだ。


タンクはDucati749のものとされ、これがPata Negraのフォルムと完璧にマッチしている。燃料キャップはクイックフィラータイプが装備されている。フロントフォークはモンスターS4Rに搭載されるShowaのフルアジャスタブルの倒立タイプへと変更され、リアはオーリンズになっている。もちろん制動力の強化も行われており、ブレーキはラジアルマスターシリンダーの採用と、Discacciatimの320mmディスク、Fren Tuboのブレーキラインと、ブレンボのキャリパーを装備する。

カウルはRosellによる手作りで、ブルーとレッドのカラーリングはDucatiの最初のTT1へのトリビュートとされている。鮮やかなブルーがフェアリングを彩り、ビンテージスタイルのライトが装備される。こうした作りによって、Pata Negraは簡単にレーサーであるTT1、TT2、そしてF1のようなバイクへと変身することが出来る。


バイクというのはパーツの組み合わせで出来ているものであるため、間違った組み合わせは大惨事を招くこととなる。しかしこの場合、しっかりとしたビンテージレーシングへの知識がある人物によって、新旧のバランスを上手く取りながらバイクが完成したと言えるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Stile Italiano Moto GuzziカフェレーサーCR950
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ロレンソ「ブレーキングの強さを活かせていない」
★イタリアのホンダインポーターが製作したアフリカツイン ラリー
★Ducati 2016年に全世界で55,451台を販売/7年連続で売上増を達成
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「ヤマハはロッシのほうを優遇していた。」
★Ducati851を被った1199スーパーレッジェーラ
★MotoGP2017 ロレンソはチャンピオンシップ争いに参加出来るのか?
★MotoGP2017アメリカGP ドヴィツィオーゾ「COTAでは高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017イタリアGP 予選7位ロレンソ「スタート次第ではトップグループで戦える」
★Ducati CEOクラウディオ・ドメニカーリ 新型V4スーパーバイクについて語る
★MotoGP2017チェコGP カレル・アブラハム「非常にタフで忙しい週末になる」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「バイクから良いパフォーマンスを引き出せると思う」
★MotoGP2017予選5位 ダニロ・ペトルッチ「ストレートスピードが遅いことでタイムを失っている」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017アラゴンGP予選2位 ロレンソ「Q2にダイレクトに進出しなくて良かった」
★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」
★Ducati 2018年式 新型モンスター821を発表