★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1結果

アルゼンチンGPのFP1の結果です。まず結果の前に、今回のアルゼンチンGPではFP1、FP2がいずれもドライであった場合、ハードコンパウンドのリアタイヤで少なくとも5周レースペースで走行することが義務付けられています。そしてハードリアタイヤのフィードバックをミシュランに返すこととされており、このフィードバックを行わなかったライダーは6グリッド降格のペナルティーを受けることとなります。これは昨年のタイヤの問題を考えると、ミシュランが慎重になっているのだろうと言えるでしょう。
Sponsored Link

トップタイムを獲得したのはヤマハのビニャーレス選手。2位はPramacのペトルッチ選手、3位はテック3のザルコ選手、4位フォルガー選手、5位アブラハム選手、6位イアンノーネ選手、7位ドヴィツィオーゾ選手、8位バルベラ選手、9位ミラー選手、10位バウティスタ選手と、普段見慣れぬ顔ブレアがトップ10に集まりました。ミシュランのピエロ・タラマッソさんもFP1は汚れた路面のクリーニング的な意味合いが強いと話していましたから、今週末は昨年ほど路面が汚れていないとは言え、FP2から普段見慣れた選手がトップ10に顔を出すでしょう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★MotoGP2017 ケーシー・ストーナー「勝っても負けてもロレンソは素晴らしいチャンピオン」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「M1がここでどんな走りをするのか楽しみ」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP予選1位 マルケス「明日は最適なタイヤを選ぶ事が重要」
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選3位ペトルッチ「この結果は想定していなかった」
★MotoGP2017カタルーニャGP 6位ジョナス・フォルガー「予選順位、レース序盤のペースを改善出来た」
★MotoGP2017 スズキは明らかにイアンノーネのパフォーマンスに満足していない
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「ブルノはカレンダー上で最も美しく最も難しいサーキット」
★MotoGP2017ミシュラン チェコGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オーストリアGP ビニャーレス「これからのレースでは表彰台獲得が重要」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良い週末にして表彰台を狙いたい」
★MotoGP2017サンマリノGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017日本GP マルケス「ホンダのホームGPで良い結果を残したい」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★MotoGP2017バレンシアGP アプリリア今年もREDのスペシャルカラーリングで参戦
★MotoGP2017バレンシアGP チャンピオンシップ優勝プレスカンファレンス