★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1結果

アルゼンチンGPのFP1の結果です。まず結果の前に、今回のアルゼンチンGPではFP1、FP2がいずれもドライであった場合、ハードコンパウンドのリアタイヤで少なくとも5周レースペースで走行することが義務付けられています。そしてハードリアタイヤのフィードバックをミシュランに返すこととされており、このフィードバックを行わなかったライダーは6グリッド降格のペナルティーを受けることとなります。これは昨年のタイヤの問題を考えると、ミシュランが慎重になっているのだろうと言えるでしょう。
Sponsored Link

トップタイムを獲得したのはヤマハのビニャーレス選手。2位はPramacのペトルッチ選手、3位はテック3のザルコ選手、4位フォルガー選手、5位アブラハム選手、6位イアンノーネ選手、7位ドヴィツィオーゾ選手、8位バルベラ選手、9位ミラー選手、10位バウティスタ選手と、普段見慣れぬ顔ブレアがトップ10に集まりました。ミシュランのピエロ・タラマッソさんもFP1は汚れた路面のクリーニング的な意味合いが強いと話していましたから、今週末は昨年ほど路面が汚れていないとは言え、FP2から普段見慣れた選手がトップ10に顔を出すでしょう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017ミシュラン カタルーニャGPプレビュー
★MotoGP2017オランダGP マルケス「これ以上ポイントを失うわけにはいかない」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「ザクセンでもベストを尽くす」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017チェコGP ペドロサ「ブルノはカレンダーの中でもお気に入りのトラックの1つ」
★MotoGP2017オーストリアGP マルケス「レッドブル・リンクでは加速性、ウイリーの減少が重要」
★MotoGP2017イギリスGP ペドロサ「”侍”という漢字は沢山の意味がある言葉」
★MotoGP2017 右足骨折のロッシ早くも退院。今後は自宅での療養とリハビリに専念
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★MotoGP2017サンマリノGP 3位ドヴィツィオーゾ「今日は16ポイント獲得を喜ぶべき」
★MotoGP2017ミシュラン サンマリノGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アラゴンGP6位 アレイシ・エスパルガロ「RS-GPのフレームは今まで乗った中で最高」
★MotoGP2017 フランコ・モルビデッリ ロングインタビュー「自分はまだ学んでいる最中」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「現状これ以上打つ手がない状態」