★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1結果

アルゼンチンGPのFP1の結果です。まず結果の前に、今回のアルゼンチンGPではFP1、FP2がいずれもドライであった場合、ハードコンパウンドのリアタイヤで少なくとも5周レースペースで走行することが義務付けられています。そしてハードリアタイヤのフィードバックをミシュランに返すこととされており、このフィードバックを行わなかったライダーは6グリッド降格のペナルティーを受けることとなります。これは昨年のタイヤの問題を考えると、ミシュランが慎重になっているのだろうと言えるでしょう。
Sponsored Link

トップタイムを獲得したのはヤマハのビニャーレス選手。2位はPramacのペトルッチ選手、3位はテック3のザルコ選手、4位フォルガー選手、5位アブラハム選手、6位イアンノーネ選手、7位ドヴィツィオーゾ選手、8位バルベラ選手、9位ミラー選手、10位バウティスタ選手と、普段見慣れぬ顔ブレアがトップ10に集まりました。ミシュランのピエロ・タラマッソさんもFP1は汚れた路面のクリーニング的な意味合いが強いと話していましたから、今週末は昨年ほど路面が汚れていないとは言え、FP2から普段見慣れた選手がトップ10に顔を出すでしょう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「ヤマハはロッシのほうを優遇していた。」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ「Ducatiの乗り方を理解した後は、他の誰よりも前に行ける」
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今まで同様の速さを発揮出来る自信がある」
★MotoGP2017ヘレスGP ミラー「全体的にバイクがしっかりと機能している。」
★Ducatiパオロ・チャバッティ「2018年も、3つのサテライトチームにバイクを供給することになるだろう」
★MotoGPクラスの選手達からの、ヘイデン選手への言葉
★MotoGP2017イタリアGP クラッチロー「全体のパフォーマンスには満足している」
★MotoGP2017イタリアGP 予選2位ロッシ「明日はタフなレースになる」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★MotoGP2017ヤマハ 不調の原因を把握しているロッシ、困惑するビニャーレス
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「2018年はチームメイトが欲しい」
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「責められるべきはアプリリア」
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「ジョナスのザクセンでの表彰台獲得がモチベーションを与えてくれた」
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」
★MotoGP2017オーストリアGP FP3結果