★ヤマハ発動機 リーニングマルチホイールテクノロジーを搭載した「NIKEN」を発売

ヤマハ発動機はヤマハ独自のリーニングマルチホイールテクノロジーを搭載した845ccの大型バイク「NIKEN(ナイケン)」の受注生産を開始します。コンセプトモデル発表時は本当に市販するのか懐疑的な声もありましたが、ついに市販となりました。

Sponsored Link

「TRICITY」に採用されているリーニングマルチホイールテクノロジーに加えて、専用開発された“新ステアリング機構”を採用しています。これによって「スポーティーで滑らかな旋回性や自然な操舵性」を実現しているとのこと。希望小売価格は1,782,000円で、カラーリングはダークグレーメタリックG(ダークグレー) となります。生産台数は年間400台となります。

外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/タンデムフォーク)、410mmトレッド、2軸ステアリング機構により、45度のバンク角を実現し、前後50:50の理想的な重量配分から優れたハンドリング性能を発揮するとのこと。フレームはアルミとスチールを用いたハイブリッド・フレーム、リアアームはアルミ鋳造+パネル溶接となっています。タイヤには「NIKEN」専用開発の120/70 R15の V レンジタイヤをフロントに採用。

エンジンは直列3気筒845cc水冷 4 ストロークエンジンで、ベースとなっているのはMT-09のもの。クランクの完成モーメントはMT-09比で18%増加しており、FIセッティングを最適化したことでスポーティーでありながら、マイルドな操作性を実現しました。またアシスト&スリッパークラッチ、クイックシフトシステム、D-Mode、トラクションコントロールシステムに加えて、クルーズコントロールを装備しています。

 

「NIKEN」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RN58J/N714E
全長×全幅×全高 2,150mm×885mm×1,250mm
シート高  820mm
軸間距離 1,510mm
最低地上高 150mm
車両重量 263kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値*2
26.2km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 18.1km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列3気筒
総排気量 845cm3
内径×行程 78.0mm x 59.0mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min
最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 3.40L
燃料タンク容量 18L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
1次減速比/2次減速比 1.680 (79/47)/2.937 (47/16)
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速2.666/2速2.000/3速1.619/4速1.380/5速1.190/6速1.037
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 20°00′/74mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70 R15M/C 56V/190/55 R17M/C 75V (前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×2

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「NIKEN」フィーチャーマップ

(Source: ヤマハ発動機)

(Photo courtesy of ヤマハ発動)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link