★MotoGP2018アラゴンGP 予選1位ロレンソ「ペースも良い。優勝争いが出来るだろう。」

昨日はポールポジションのタイムは46.8付近だろうと予想していたロレンソは、自らがこのタイムを記録することで3連続ポールポジションを獲得しました。ソフトタイヤでのロングランもFP4に行い安定したペースを刻んでいるロレンソですから、今回は先行逃げきりスタイルでのレース展開となる可能性があります。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「今日はツールドフランスみたいな予選でしたね。皆が他の選手の動向を見守っていて、最後のアタックをするのにスペースがないんじゃないかと少し心配していました。でも最後になってプッシュをすることが出来ました。でも既に2周、3周したタイヤでしたから、タイヤの状態としては100%ではなくて80%ほどでした。タイヤがかなりスライドしてしまう状態だったんですが、ポールポジションを獲得することが出来ました。ドヴィのラップタイムもかなり接近していましたが、これでDucatiで予選1-2を獲得出来ました。そしてこれは3連続のポールポジション獲得となったわけです。素晴らしいペースがありますし、優勝争いが出来ると思いますよ。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link