★MotoGP2018アラゴンGP 決勝レース結果

MotoGPクラスの決勝結果です。ホールショットはマルケスが奪い、ポールポジションからスタートしたホルへ・ロレンソがアウト側から被せますが、トラックの汚い部分でスロットルオンした瞬間にハイサイド。ロレンソは立て直す間もなく一瞬でレースを終える形となりました。3連続ポールポジション、2連続DNFというなんとも悔しい結果となりました。

Sponsored Link

レースはドヴィツィオーゾがしばらく引っ張る形で、マルケスがその後についていきます。3位、4位はスズキのリンスとイアンノーネ。序盤はチームメイト同士で無駄なバトルを避けるべく、イアンノーネがリンスに「俺についてこい」とハンドジェスチャーを出しますがリンスは完全に無視で、まさにその次のコーナーでイアンノーネを抜きにかかるという激しい展開。こうしたトップバトルの後ろでは、17番手スタートと今シーズン最悪の形となったロッシが着々と順位を上げていきます。また、今回はダニ・ペドロサ、アレイシ・エスパルガロも素晴らしい位置でレースを展開していきます。

後半になってプッシュを開始したドヴィツィオーゾですが、マルケスはこれを逃さずに追随。そしてこのバトルに追いついたイアンノーネも仕掛け、一瞬トップに立ちます。その後激しいバトルを繰り広げるドヴィツィオーゾとマルケスでしたが、最後になってマルケスがリードを広げ、そのまま逃げ切り地元で優勝を飾りました。

2位はアンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位アンドレア・イアンノーネとなり、4位に同じくスズキのアレックス・リンス、5位ダニ・ペドロサ、6位アレイシ・エスパルガロ、7位ダニロ・ペトルッチ、8位は追い上げに追い上げたバレンティーノ・ロッシ、9位ジャック・ミラー、10位マーべリック・ビニャーレスという結果となりました。次戦は10月7日、MotoGPを初開催することになるタイ、ブリーラムです。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link