★MotoGP2018アラゴンGP ロレンソ「マルケスがこの転倒を引き起こした」

ロレンソはマルケスはブレーキを遅らせてブロックパスしたと語りますが、マルケスはブレーキングでフロントがロック、そこでブレーキをリリースするしかなかったと語っています。いずれにせよ、ロレンソにとっては2連続のDNFとなり、次回のタイGPまでに足を回復させることが最優先となります。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「外側から路面が汚れた場所を走行してしまい、そこで大きくスロットルを開けてしまったんです。マルクがかなり強引にインサイドに入ってきて、そこでアウト側を走らざるをえなくなってしまいました。彼は自分がアウトから入ってくるのが見えたはずですが、スペースを残さずにコーナリングしたんです。多くのライダーが後ろから迫っていましたから、ポジションを失わずにするにはスロットルを開けるしかなかったんです。ミサノは完全に自分のミスでしたけど、今回はマルクがこの転倒を引き起こし、自分の足にもダメージを与えたんです。そして優勝の可能性を潰されました。」

「とは言え、これはあくまで自分のミスで、トラックの外側の汚れた部分でスロットルを開けすぎて転倒したわけですから、レースディレクションに何か言うだとかそういった類のものではありません。マルクは過去にもこうしたブロックパスをしていますけど、こうした事が将来的に再び起きないことを願うだけです。今回は足の指を捻挫してしまいましたし、骨折した箇所もあります。回復には時間がかかるでしょう。タイまでに回復出来ることを願っていますけど、アラゴンを0ポイントで負傷を抱えて去るというのは本当に残念です。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link