★Ducati インターモトでスクランブラースロットル/カフェレーサー/デザートスレッドを発表

ドイツで開催されているインターモトにおいてDucatiはスクランブラーの新型車両を3タイプ発表しました。発表されたのはFull Throttle(フルスロットル)、Café Racer(カフェレーサー)、そしてDesert Sled(デザートスレッド)です。

Sponsored Link


Full Throttle(フルスロットル)は2018年、アメリカのスーパーフーリガンチャンピオンシップでカリフォルニア出身のフランキー・ガルシアがライディングしたトラックスクランブラーをベースとしたもの。

2トーンのブラックとイエローのカラーリング、タンクにはホワイトでストライプが入っています。完全に新しいリアエンド、専用シート、ホワイトリム入のイエローのゼッケンプレートにローテーパードハンドルバーを装備。フロントにはマッドガードが装備され、デュアルサイレンサーが特徴となっています。

Café Racer(カフェレーサー)はシルバーアイスマットうグラフィクスとブルーのフレームという美しいカラーリング。これはDucatiの125GPデスモのカラーリングを踏襲したとのこと。

17インチのスポークホイールとアルミニウムバーエンドミラーが60年代のカフェレーサーのスタイルを与えています。ラジアルマウントのブレーキキャリパーで確かな制動力を確保しており、デュアルサイレンサーを搭載、ノーズフェアリング、そしてゼッケンプレートの54は、Ducatiの天才エンジニアであったファビオ・タリオーニの片腕とも言えるワークスライダーのブルーノ・スパッジアーリのゼッケンナンバーとなります。


Desert Sled(デザートスレッド)はDucatiスクランブラーのテイストはそのままにアメリカンオフロードバイクのエッセンスを取り込んだモデル。レッドのフレームに新しくなったシート、スポークホイールのリムはブラックで、特徴となるのはオフロードライディングモードを搭載しており、ABSのオフが出来るということ。

ライディングポジションはこのモデル専用設計となり、調整可能なKYBのサスペンションを採用。またマッドガードも高めの位置に取り付けられています。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link