★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「フルドライかフルウェットのレースがいい」

フロントエンドのでの苦戦が続くロッシ選手は、ミシュランが持ち込んだ2016年タイプのフロントタイヤを試すのが楽しみと木曜のプレスカンファレンスで話していましたが、結局これは実現しませんでした。明日は3列目からのスタートでどのようなレースとなるか楽しみです。
Sponsored Link


「ウェットコンディションの中で昨年のようなスピードで走る事が出来なかったので、この7位というのは何も素晴らしいなんてものではありません。まだ作業が必要です。ただ3列目は悪くはないですし、明日のコンディションがどうなるのかを待つ必要があります。フルドライかフルウェットでのレースだといいですね。」

「今日はマシンの理解、セッティングも良いですし、最初の走行で悪くない感触でした。ただ、いずれにせよ作業が必要です。新しいバイクではコーナーエントリーの感触がいつもと異なり、これがウェットでも変わらないんです。ウェットでは時々こうした事を理解するのが面白いですし、バランスとセッティングの改善をするのが重要です。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で

Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「フロント集団に追いつくだけのフィーリングがあった」
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017フランス 6位ロレンソ「スターティンググリッドを考えるとポジティブなレース」
★MotoGP2017オランダGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ドイツGP 予選6位ロレンソ「このポジションには満足」
★MotoGP2017 リヴィオ・スッポ「必要なのは正しいセットアップ」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「ブルノはカレンダー上で最も美しく最も難しいサーキット」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」
★MotoGPカレル・アブラハム 2018年もAspar Ducatiから参戦
★MotoGP2017イギリスGP FP1結果
★MotoGP2017ロッシ 右足の回復には30日から40日必要。日本GPに間に合うか?
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「トップ5、表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「ロッシより後ろのライダー達は恥じるべき」
★ヤマハ 2017年度グッドデザイン賞に6点が選出 スポーツコミューター「TMAX530」グッドデザイン・ベスト100受賞
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「もてぎでは素晴らしい結果を獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2017 10/17時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017バレンシアGP ザルコ「マルケスについて行きたいし、優勝争いもしたい」
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R1レースベース車」を受注生産で発売
★ヨハン・ザルコ 12/16に行われるSuperprestigio2017に参戦