★MotoGP2018タイGP ロレンソ「FP1を走行してどういう状況かわかるだろう」

とりあえずブーツは履けた様子のロレンソですが、実際に足がどういう状況であるかはバイクに乗ってみないとわからないということで、まずはFP1を走行してみてその結果で判断をするということのようです。しかし、ここで無理して回復が遅れ、3連戦で足が治りきらない中で最終戦〜プレシーズンテストというのは最も避けたいシナリオです。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「怪我っていうのはやはりツライですよ。。明日バイクに乗って足をペダルに載せた時はきっとタフだと思います。ですから明日はバイクに乗ってあまり良い状況になることは期待していません。日毎に痛みが改善していくことを願っています。今のところはバイクに乗ってみないと何も言えませんから、今の時点では特に結論を出していません。」

「プレシーズンではここで苦戦をしましたから、怪我をした状態でレースウォークを迎えるのに良いトラックであるとは言えないでしょうね。今は色々と状況が変わっていることは事実ですし戦闘力も上がっていますけど、怪我をしているということは速く走ることに関して役立つということはありません。明日FP1を走ってみてどういう状況なのかがわかるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link