★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更

途中で予想価格が変わるというのは、何ともイタリアらしいですが、Vyrus 986 M2のストリートバージョンは、より一層Moto2レーサーに近いバイクとなるようです。

Sponsored Link

筆者が以前思っていたように、Vyrus 986 M2を入手するのは腎臓を1つ売るよりもずっと話はやっかいなようだ。これは最もホットなスポーツバイクであるVyrus 986 M2を手に入れようとしていた人には良いニュースではない。

またVyrusからの情報によると、このホンダエンジンのハブセンター・ステアリングのバイクは、ストリートバイクで€37,940(※約446万円)、ストリートバイクキットで€27,930(約328万円)となるようだ。これは当初予想されていたストリートバイクで€25,000(約294万円)、キットで€16,000(約188万円)という価格から大きな開きがある。

問題のポイントはVyrusがもう少しロースペックのビルドキットだったことにある。ファイバーグラスフェアリングはカーボンファイバーとなり、安価なブレーキやサスペンションも変更された。
その代わりVyrusが先月発表したストリートバイクは、よりMoto2レーサーに近くなり、そのために製造コストがさらに掛かるようになったのだ。そのため、当然このバイクを所有するのにも多額の金が必要ということになる。(基本的にはこれはレースバイクに、ライトとミラー、ライセンスプレートを付けたバイクだ)

これはストリート用に600ccのハイパフォーマンスストリートバイクを欲しいと思っている場合には良いニュースだ。ただ、このバイクを買うために臓器提供しようとしている人にとっては良くないニュースとなるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★レトロポップでカワイイスタイルに大人らしさをプラスした原付一種スクーター 「ビーノ XC50D」20th Anniversary Editionを発売
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★Ducati新型V4スーパーバイク 新たな動画が登場
★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★MV Agustaとルイス・ハミルトンのコラボレーションモデル MV Agusta F4 LH44が限定44台で登場
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ヤマハ 155cm3スクーター「マジェスティ S XC155」2018年モデル発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてNeo Sports Café Conceptを出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてSuper Cub C125を出展
★ドゥカティ・ワールド・プレミア2018がいよいよ明日開催!
★Ducati ワールド・プレミア2018でパニガーレV4、ムルティストラーダ1260などを発表
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売
★スズキ 2018年モデル GSX-R1000 ABS 近日発売
★カワサキからニューモデル「Ninja 250」「Ninja 250 KRT Edition」登場
★プレストコーポレーション 「YZF-R1」「YZF-R1M」「YZF-R6」の2018年モデル取り扱い決定!!