★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更

途中で予想価格が変わるというのは、何ともイタリアらしいですが、Vyrus 986 M2のストリートバージョンは、より一層Moto2レーサーに近いバイクとなるようです。

Sponsored Link

筆者が以前思っていたように、Vyrus 986 M2を入手するのは腎臓を1つ売るよりもずっと話はやっかいなようだ。これは最もホットなスポーツバイクであるVyrus 986 M2を手に入れようとしていた人には良いニュースではない。

またVyrusからの情報によると、このホンダエンジンのハブセンター・ステアリングのバイクは、ストリートバイクで€37,940(※約446万円)、ストリートバイクキットで€27,930(約328万円)となるようだ。これは当初予想されていたストリートバイクで€25,000(約294万円)、キットで€16,000(約188万円)という価格から大きな開きがある。

問題のポイントはVyrusがもう少しロースペックのビルドキットだったことにある。ファイバーグラスフェアリングはカーボンファイバーとなり、安価なブレーキやサスペンションも変更された。
その代わりVyrusが先月発表したストリートバイクは、よりMoto2レーサーに近くなり、そのために製造コストがさらに掛かるようになったのだ。そのため、当然このバイクを所有するのにも多額の金が必要ということになる。(基本的にはこれはレースバイクに、ライトとミラー、ライセンスプレートを付けたバイクだ)

これはストリート用に600ccのハイパフォーマンスストリートバイクを欲しいと思っている場合には良いニュースだ。ただ、このバイクを買うために臓器提供しようとしている人にとっては良くないニュースとなるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★新型BMW C evolution発表
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★BMWモトラッド コンセプトモデル「Concept Link」を発表
★Ducatiから959パニガーレcorsaが登場か?
★ホンダ 原付三輪スクーター「ジャイロX」「ジャイロキャノピー」の法規対応とメンテナンス性を向上し発売
★ケーシー・ストーナー Ducati新型パニガーレV4 Sをバレンシアでテスト
★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売
★ホンダ ロングセラーモデル「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」と「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をモデルチェンジし発売
★ホンダ 第45回 東京モーターショー2017発信概要
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいてZ900RSを出展
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいて959 Panigale Corse(959パニガーレコルサ)を発表
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R6レースベース車」を受注生産で発売
★カワサキ コンセプトモデル「J Concept」を発表
★ヤマハ シアンカラーとメッキパーツの組み合わせがレトロな印象を強調 原付一種スクーター「ビーノ XC50D」 新色を発売
★2018年型 DucatiパニガーレV4 についてわかった24のこと
★ホンダ レジャーモデル「クロスカブ110」をモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに発売
★新世代CBシリーズの大型ネイキッドロードスポーツモデル「CB1000R」を発売
★Moto Map 2018年モデル HAYABUSA 発売開始