★MotoGP2018タイGP 6位リンス「5位を逃す結果となったが悪くはない」

序盤からプッシュを続けたことでタイヤを摩耗させてしまったリンス。ペースのコントロールが徐々に出来るようになってきた最近の課題は、予選順位、そしてスタートということになるでしょうか。

Sponsored Link

アレックス・リンス

「フロントグループとの差を詰めるために序盤からプッシュを続けましたが、他のライダーと戦う中でタイヤをかなり痛めてしまいました。レース後半に従ってペースを緩める必要があることがわかっていました。そして最終的に5位、6位を獲得出来る位置で走行していることに気が付きました。5位を逃す結果となりましたが、悪くはないと思いますし嬉しい結果です。良い方向に進んでいると思いますし、これで日本GPへと向かうことになります。日本は自分にもチームにとっても素晴らしい場所ですからね。」


(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link