★MotoGP2018タイGP 9位ペトルッチ「スタートが良ければトップ5でレースが出来たかも」

体重が重いペトルッチは今回タイヤのマネジメントに苦戦することが容易に予想出来ましたが、中盤にプッシュしたことでレース後半に向けてタイヤをセーブすることが出来なかった様子。今年の冬にはさらなる絞り込みを検討しているとのこと。

Sponsored Link

ダニロ・ペトルッチ

「目標としてはザルコとカルに接近したかったんです。もう少しスタートが良ければトップ5でレースが出来たかもしれません。しかしカルに追いつこうとしていた時にイアンノーネに抜かれた際に外側に押し出されてしまい、バウティスタに対してポジションを失う結果となりました。これでカル、ヨハンに対して距離を開けられることになりました。独立チームライダー1位という結果を逃してしまいました。今日は非常に暑くてタイヤにも厳しいコンディションで、中盤にプッシュする必要があったことで後半に向けてタイヤをセーブすることが出来なかったんです。」

(Source: Pramac)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link