★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳

土曜日に行われた予選後のプレスカンファレンスの全文翻訳をお届けします。マルケス選手はドライでの戦闘力に関してはまだ疑問があるとしていますが、セクター2の改善が出来れば。。とも話しています。またFP4でのスタート練習でヒヤッとした瞬間については、ヘルメットの中でバイクに「落ち着け!」と話しかけていたとか。クラッチロー選手はトップ5のペースはあるだろうと語り、アブラハム選手は、MotoGPに居場所があるんだと証明出来たとしたら嬉しいと語っています。


(Photo courtesy of michelin)

ニック・ハリス

「今日はトラックコンディションもあって難しかったと思います。」

マルク・マルケス

「ええ、今日はポールポジションが取れたとは言え、ドライセッションが良かったですね。まだいろいろな事を試す必要があったんです。ただFP4がウェットでその段階でリズムは良かったので、走行を続けてエンジンのキャラクターを掴もうとしていました。今年は雨の中の走行がない状態だったので、どのように乗れば良いのかがこれで少しわかりました。それで予選では少しセッティングを変えて、ラップタイムは非常に良かったですね。明日はドライのレースになりそうですが、ドライではまだいくつか改善が必要なポイントがあります。フロントとリアに適切なタイヤを選択することが重要になるでしょう。」
Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「明日のウォームアップがドライになるとしたら、これが非常に重要になりますね。」

マルク・マルケス

「ええそうですね。ドライレースで、しかもウォームアップもドライであれば、バイクの異なるセッティング、異なる内容に関しても試す事が出来ます。ドライに関してはまだ少し疑問があるんですよ。ただ全体的なフィーリングは悪くないですし、パフォーマンスに関しても問題無いレベルです。セクター2で1周あたり0.2〜0.3秒失っているだけなので、セッティングと、その区間での自分のライディングスタイルを改善してどうなるかですね。他のセクターに関しては良いタイムですから。」

 

ニック・ハリス

「それから明日のスタートは今日のFP4のスタート練習のようなことにはならないで済みそうですね。実に滑りやすそうでしたね。」

マルク・マルケス

「このバイクでレインコンディションで初めてしたスタート練習だったんですよね。ドライのような調子でスタートしたんですが、何かまずかったんでしょうね。あれは本当に危ないところでした。明日はもう少し注意しようと思います。(笑)」(※スタート練習の際リアが激しく空転し、マシンが激しく蛇行。同じくスタートしたビニャーレス選手にあわや突っ込むところだった)


(Photo courtesy of michelin)

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それでは次にカレル・アブラハム。素晴らしい週末ですね。WSBKで厳しいシーズンを過ごした後にカタールでポイントを獲得し、このウェット、ドライのコンディションの中であなたがDucatiでトップです。」

カレル・アブラハム

「カタールは良いレースでした。ああしてポイントを持ち帰れたということは非常に大きくて、ここアルゼンチンは自分のお気に入りのトラックの1つなので、ライディングを本当に楽しみました。良いセットアップを得るためにハードに働いてきました。今回はタイヤの本数も多いですからね。走りこみを続ける中でどんどんタイムが上がっていって、昨日の時点で5番手、3番手を獲得出来ていました。今日は自分にとって初めてのウェットコンディションの中での予選で、ミシュラン、Ducati、Asparチームとして初めてのことだったので少しナーバスだったんです。ただFP4に1回目の走行で僅か7周の段階で良い感触が得られました。予選に関してはスリックで走ろうとしていた選手もいました。ただ路面も完全にはウェットという状況ではなくて、少し乾いている部分もありました。そして自分が出来る限りの力でプッシュしたんです。最後の走行で前にマルクがいたので、彼を追って出来る限りの最高の力でと思って走りました。そしてそれが大きな効果を発揮しました。この場にいることが出来て嬉しいですね。」

 

ニック・ハリス

「こうしてフロントローでスタートすると想像していましたか?」

カレル・アブラハム

「昨シーズンのレースや、2年前などを考えても全く想像していませんでした。その当時はチームにもバイクにも苦戦をしていましたからね。ただ今はチームも素晴らしいですし、バイクも非常に良いです。ですから将来的にも可能な限り良い走行をしたいと思います。」


(Photo courtesy of michelin)

 

ニック・ハリス

「ありがとうございました。それではカル、今日は午前中も良い走行が出来ていましたね。ただその中で午後にフロントローを獲得するのは簡単ではなかったと思いますが。」

カル・クラッチロー

「簡単ではありませんでしたが、チームと共に素晴らしい仕事が出来ました。FP3でも良い走行が出来ました。それに雨が降ったのでいろいろな事を試す事が出来たのはラッキーでした。雨の中ではマルクが話したように、このエンジンでは初めてのウェットコンディションでの走行になりました。難しい点も1つありましたが、これは理解の問題なので、全体的には良い形での走行が出来ました。完璧なセッティングには出来なかったので、予選は少しギャンブルだったんです。恐らくQ1から走っていたら厳しかったでしょうね。ただ最終的にはホンダにとって1列目に2人の選手がいる状態になりましたから良かったと思います。カレルもまた素晴らしい仕事をしましたよね。明日は晴れることを願っています。」

 

ニック・ハリス

「こうしたコンディションは得意ですが、やはりドライのレースが良いですか。」

カル・クラッチロー

「ええ。実のところこのコンディションでのマルクとの差にがっかりしているんです。ただ少しミスもありましたし、バイクのエンジンブレーキのセッティングも完璧ではありませんでした。ただウェットのほうがドライよりリスクもありますし、ドライでのペースも悪くないですから。ドライでのペースはトップ3ではないですけど、トップ5のペースはあるでしょう。何事も起きると思いますし、望むべきは高い競争力で良いレースをしたいところですね。」
 

ニック・ハリス

「カルありがとう。明日は25周のラップでのレースとなります。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「セクター2での改善とライディングスタイルの改善がと話していましたが、加速力の不足をどのように補うのでしょうか?」

マルク・マルケス

「エレクトロニクスのせいで失っている部分があるので、そレに関しては妥協点を探す必要があります。それに自分の走行ライン問題があるんです。カルやダニと比較してもセクター2のタイムは悪いんですよ。つまりそこまでのタイムは出せるはずなんです。ですからそのコーナーでのパフォーマンスを改善する方法を見つければ良いんですけど。ですから必要なのは1周誰か他のライダーの後について走るということだけですね。そうすれば良く理解が出来るでしょう。」
(※話し終わった後にクラッチロー選手に”ねえ、後ろに付いていってもいい?(笑)”と話しかけるマルケス選手)

 

Q

「アルゼンチンで再びポールポジションを獲得しましたが、ここはカレンダー上でもあなたにとってベストのトラックということでしょうか?」
(※マルケス選手、質問をしっかり聞いておらず、恐らくエスペレーターが”集中しろマルク。話を聞きなさい”とたしなめている)

マルク・マルケス

「ええと、2014年からここを走っていますが、このトラックは非常に快適なんです。確かにカレンダーの中でも自分のライディングスタイルに良くあっています。ただ、今年はよりバンプが多いように感じます。そのせいで正しいセットアップを見つけるのが少し難しくなっています。こうしてウェットの中でポールポジションを獲得出来ましたけど、ドライでは難しかったでしょう。ただ最も重要なことはリズムです。リズムは良いですし、明日は表彰台を狙う事が出来ると思います。優勝も狙いたいですね。」

 

Q

「MotoGP復帰にあたり色々と批判もありましたが、カタールの結果、そして今日の結果で批判を静めるのには良い結果になったと思いますか。」

カレル・アブラハム

「そうですね。過去には自分達が持っているパッケージの戦闘力が充分では無いんだと思っていたんです。どんなに懸命に努力してもバイクの問題だとかいろいろな問題で厳しい結果だったんです。確かに自分がMotoGPに復帰することに関しては、いろいろなネガティブな事を言われました。ただ、初めてこのバイクにバレンシアで乗った時から、ものすごい良い感触だったんです。そしてトラックに出る度に改善を続けていって、マレーシア、オーストラリア、そしてカタール、カタールの開幕戦、毎回走る度に少しづつフィーリングが良くなっていったんです。このトラックは自分に合ったトラックですから、良い結果を得るのは少し簡単でした。いずれにせよ、この結果が自分のMotoGPでの居場所がまだあるんだと証明するものになることを願っています。

 

Q

「今日セーフティーコミッションで起きた内容についてマルクとカルに聞きたいと思います。これはミシュランのタイヤに関するものですが、あなた達の意見を教えてもらえますか?」

カル・クラッチロー

「状況というのは、ここでは4本のフロントタイヤが使えるってことだったということです。ただ1種類は今日までに届かなかったので、実際には3種類になったということです。本来は4種類だったのが今は3種類になったということです。ただそれだけです。」

マルク・マルケス

「ただルール上は今年は3種類のフロントとリアが使えるということになっているんです。それ以下でもそれ以上でもないんです。ただ、どういうわけかミシュランはさらに1種類別のタイヤを持ち込んだんです。ですからセーフティーコミッションで、なぜこのタイヤが投入されたのか?何か意味があるのか?などということを話あったんです。それに実際これはレースディレクションも知らなかったんです。ロリスも知らなかったようなんですが、13人か15人かのセーフティーコミッションで、どのライダーもこのタイヤを要請していたわけではないということになり、そうした理由から、自分は適切なテストを経てからタイヤを使用すべきだと考えたんです。ヘレスの後とかそのあたりでね。」
 

Q

「安全上の理由なのか、テクニカルな問題なのでしょうか?」

マルク・マルケス

「両方だと思いますよ。それに昨年のセーフティーコミッションで前後3種類ということで合意に至ったんです。それ以上の本数があったら、レースウィークエンドがただのタイヤテストで終わってしまいます。ですからセーフティーの問題だとか、キャラクターの問題ということよりも、昨日の時点で皆が合意して決めたものです。」

 

Q

「明日がドライコンディションであれば、誰が優勝候補だと思いますか?」

マルク・マルケス

「ビニャーレスかな?カルかもしれません(笑)ただ、ビニャーレスは良いペースを持っていると思います。それにどういうわけかDucatiのバイクも良いリズムをキープしていますね。ヤマハのバイクも速いですし、カルとダニもいます。ですから正直わかりません。リズムに関してもタイヤライフがどうなるかもわかりませんから。皆が異なるフロント、リアタイヤを選択するでしょうから難しいですね。ただ、最も重要なのは自分のボックス内での作業に集中し、自分達にとって最適なタイヤを選択するということです。」

 

Q

「ウェットでは新しいエンジンでの初走行ですが、昨年までのエンジンと比べていかがですか?」

マルク・マルケス

「完全な比較は少し難しいですね。まだ電子制御が完璧ではないんです。ウェットでもドライでもね。一番違いはウェットコンディションでは他のメーカーはコーナー出口でトルクを使用することが出来ず、良い加速が出来なかったんです。ですからそうした理由から自分達が速かったんです。自分達は昨年とほぼ同様に加速することが出来たんです。」

 

Q

「タイヤの問題に関してミシュランは、2名のライダーがこのタイヤの使用をリクエストしたとジャーナリスト向けに話していました。ただカタールの後に少なくとも8名のライダー達がこのタイヤのテストに合意したとも話していました。この8名のライダーに関しては誰かわかりますか?」

カル・クラッチロー

「状況はマルクが説明した通りなんです。多くのライダーが今年のソフトタイヤは柔らかすぎると文句を言っていて、カタールでもこれは同じだったんです。ただ今回のラウンドでまた別のフロントタイヤを持ち込むというのは、ライダーにとっても運営にとっても無理だったんです。土曜の朝に到着して云々ということでしたから、マルクが言ったように正しい選択が出来たと思います。それに今日の天候もあって、一体いつテストすれば良いのか?という話でもあるんですよ。明日のウォームアップで試してレースをしたい選手がいるかどうかはわかりませんが、最終的には別のトラックに持ち込んだほうが良いと思います。それに確かに数名のライダーは昨年と比較してソフトタイヤが柔らかすぎるというのは話していますよね。将来的には何か別のものを試したいと思いますね。」

マルク・マルケス

「自分もそうしたライダーの1人に入るのかもしれません。というのも自分もタイヤのコンパウンドに関しては不満を述べてますからね。これはタイヤのプロファイルということではなくてね。ただデータ上は今回持ち込まれたタイヤは、自分のライディングスタイルに合っているはずなんですよ。こちらのタイヤのほうが固いタイヤになるのでブレーキングポイントでメリットがあると思うんです。ただ問題はこのタイヤに変更している時間と、ルールに従うということです。ただ一方では自分のライディングスタイルには合っていそうなので、試してみたいという気持ちはあります。」

 

ニック・ハリス

「以上ですか?それではソーシャルメディアからの質問をスティーブ・デイから御願いします。」

Q

「それではMoto3のジョン・マクフィーからスタートしましょう。facebookからクレイグ・ホッジの質問です。これはスコットランドのアクセントで答えて欲しいみたいですが、恐らく難しいでしょう(笑)今シーズンレースで優勝した場合、表彰台でキルトを着ますか?」

ジョン・マクフィー

「アルゼンチンでキルトを着るとしたらどうなるのかわかりませんが、1年間だけだったらNoとは言いません。」

 

Q

「ミゲルに質問です。アネサントーゾからの質問です。あなたは素晴らしいライディングスキルの他に歯科医としてのスキルもあると話しています。彼女からはクリニカ・モバイルで働くこともサイドキャリアとしては考えますか?という質問です。」

ミゲル・オリベイラ

「ある程度の材料や機材は必要になりますけど、いつかそういう事があるかもしれませんね(笑)」

 

Q

「カレル、これはチームからの質問です。今朝の朝食は?」

カレル・アブラハム

「いつも同じでシンプルなんですが、トーストと少しのハムです。」
 

Q

「それではfacebookから真面目な質問です。世界中を1人のMotoGPライダーを後ろに乗せて走れるとしたら、誰を選びますか?」

カレル・アブラハム

「何度か過去に考えてみるべきだった質問なのかもしれませんが、わからないですね。MotoGPの中でかなりの数の選手とは仲が良いんですが。。特に仲が良かったのはコーリン・エドワーズですが、彼はもうMotoGPを走っていないですからね。彼を入れてもいいですか?」
 

Q

「駄目です(笑)」

カレル・アブラハム

「そうか困ったな(笑)」

カル・クラッチロー

「(※横から口を挟んで)おい、ダニが一番軽いぞ」(※横でマルケス選手が吹き出す)
カレル・アブラアム
「う~ん難しい質問ですね。そうですね。アンドレア・ドヴィツィオーゾかな。」

 

Q

「わかりました。ドヴィですね。それではカル、イザベラ、Twitterからです。数名のアヒルサイズのマルケスと、馬サイズのヴァレンティーノのどちらと戦いたいですか?」

カル・クラッチロー

「アヒルサイズのマルク複数ですね。馬は扱いにくいですが、アヒルなら扱いやすいですし、せいぜい自分の足の辺りまでのサイズです。蹴ったりなんだり出来ますから(笑)」

 

Q

「カルありがとう。それでは最後にマルク。FP4でのスタート練習の後について、Instagramからチゼリアの質問です。あの後に何を思ったのか、そして自分に何と言ったんでしょう。」

マルク・マルケス

「何が起きたのかとびっくりしていました。後ろを振り返ったら、カルが何かやっていたんで見ていたんです。あれは面白かったよ。」

カル・クラッチロー

「いや、単純に理解出来なかったんですよ。普通の選手だったら鎖骨を2本追って、ケツを脱臼していたでしょう。(※会場爆笑)なのに彼はなぜかバイクの上にいるんですから。単純に意味がわからなかったですね。」

マルク・マルケス

「実際のところヘルメットの中では、バイクに対して”落ち着け落ち着け落ち着け”って話しかけて、タンクをバンバン叩いてましたよ。(笑)」

 

Q

「皆さんありがとうございました。」

ニック・ハリス

「それでは皆さんありがとうございました(笑)」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Red Bull KTM写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「表彰台を狙えるペースだった」
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017スズキ リンスの代役にテストライダーの津田拓也を起用
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017ブルノテスト ロッシ「新しいフェアリングは良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017サンマリノGP 予選1位ビニャーレス「良いレースが出来る自信がある」
★MotoGP2017アラゴンGP マルケス「残り5戦はハードな戦いになる」
★MotoGP2017アラゴンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017日本GP イアンノーネ「スズキの皆の努力に見合うレースがしたい」
★MotoGP2017ミシュラン 日本GP決勝レースリリース
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「明日は高速コーナーの安定性を改善したい」
★MotoGP2017マレーシアGP ペドロサ「良いセットアップが見つかれば戦力は高い」
★MotoGP2017マレーシアGP FP2結果
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝2位ロレンソ「フロントが滑ってしまった。2位は悪くない結果」
★MotoGP2017バレンシアGP Q2結果