★ヘイデン事故の加害ドライバー 執行猶予付1年の禁固刑の判決

昨年の5月17日水曜日に、ミサノ・ワールド・サーキット近くを自転車で走行中に車と衝突事故に遭い亡くなったニッキー・ヘイデンですが、こちらの事故の加害者である31歳の男性ドライバーの刑が確定しました。判決によると「執行猶予付1年の禁固刑」というもの。

Sponsored Link

当初は1年〜2年の禁固刑が課されるのではとされていましたが、Vinicio Canatarini裁判官は刑を当初よりも軽くすることにしたようで、その理由は90日以内に公開するとしています。なおドライダーの免許は取り消し、裁判費用を全額負担します。

この事故は50km/h制限の道路を70km/hでドライバーが運転していたことが原因とされており、もしドライバーが制限速度を守っていれば事故は防げたでしょう。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link