★MotoGP2018日本GP ハフィズ・シャーリン「もてぎに行くのが待ちきれない」

良い位置でレースをしてポイントを獲得するには、予選位置が重要と語るハフィズ・シャーリン。プレシーズンテスト途中から初めてのMotoGPバイクを操縦し、現在総合18位、総合15位のモルビデッリを追っています。

Sponsored Link

ハフィズ・シャーリン

「日本、もてぎに行くのが待ちきれません。自分のお気に入りのサーキットの1つなんです。良い走りが出来ることを期待したいですね。再びトップ15に入ってベストルーキーとなりたいと思います。チームも自分もハードに作業していますし、さらにトップに接近して走る準備が出来ています。チームも自分のスタイルをわかっていますし、自分もバイクのキャラクターを今までのレースよりも良く理解しています。」

「日本に着いたらFP1からレースの日までしっかりと戦う準備が出来ていることを願っています。レースで良いスタートをしてポイントをしっかり獲得するためには、良い予選準備が必要です。予選位置が後ろのレースだと、1周目にフロントに接近するのが難しいんです。全体の真ん中あたりで走行するために予選の改善を進めようとしています。今年2回目となるトップ10ポジションを予選で獲得出来るかもしれません。目標は可能な限りフロントに接近してポイントを獲得するということです。」

(Source: Tech3 yamaha)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link