★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」

アルゼンチンGP決勝で、あっという間に後続に2秒の差をつけたマルケス選手は単独で転倒。表彰台を獲得出来るチャンスを逃しました。加速で失っている部分が多いRC213Vは、ハードコンパウンドのフロントタイヤを履いてブレーキングでタイムを詰める以外に方法が無いというのが転倒の大きな理由の1つとも言えるでしょう。立ち上がりの加速が改善すれば選手たちもブレーキングでの無理が少なくなるかもしれませんが、果たして解決はいつになるでしょうか。

Sponsored Link

MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスは彼がアルゼンチンGPで転倒した理由がわからないと語る。マルケスはポールポジションを無駄にせず、3周の走行の後に2.248秒のリードを築いた。しかしマルケスはターン2のブレーキングでフロントを失い、転倒してリタイアとなった。チームメイトのダニ・ペドロサも10周後にほぼ同じような転倒をしている。ペドロサは「バンプに乗り上げた時にフロントを失った」と語るが、マルケスは転倒の理由については検討がつかないでいる。

マルク・マルケス

「正直わからないですね。転倒は本当に妙だったんです。リーンアングルもたった25°でしたし。ブレーキングポイントでは完全にバイクは直立していました。確かにフロントが少しロックしましたけど、それでなぜかタイヤがもたなかったんです。バイクのフィーリングは最高でした。確かにプッシュはしていましたが、そこまで激しくプッシュしていたわけではありません。あれは単に自分のミスです。確かに自分にはがっかりしています。こういう種のミスがチャンピオンシップに響きますからね。ただもう終わったことです。」

「3周か4周走った後に、他の選手も1分39秒8、1分39秒後半、1分40秒前半で走っていました。それがレースのリズムだったのでレースをリード出来たんです。自分が2秒のリードがあったので、皆自分がプッシュし過ぎていると思っていたようですが、実際はそこまでプッシュしてはいなかったんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP2結果
★MotoGP 2018年のカタールGP開催時刻変更を検討
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ 自身をモデルにした”絵文字”を発表
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選3位ペトルッチ「この結果は想定していなかった」
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 6位ジョナス・フォルガー「予選順位、レース序盤のペースを改善出来た」
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし
★MotoGP2017 Marc VDSレーシング トーマス・ルティを起用。2018年はルーキー2人体制に
★MotoGP2017イギリスGP 6位ザルコ「最後はロレンソに勝てると思っていた」
★「トニー・ボウ」トライアル世界選手権で11連覇を達成