★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」

アルゼンチンGP決勝で、あっという間に後続に2秒の差をつけたマルケス選手は単独で転倒。表彰台を獲得出来るチャンスを逃しました。加速で失っている部分が多いRC213Vは、ハードコンパウンドのフロントタイヤを履いてブレーキングでタイムを詰める以外に方法が無いというのが転倒の大きな理由の1つとも言えるでしょう。立ち上がりの加速が改善すれば選手たちもブレーキングでの無理が少なくなるかもしれませんが、果たして解決はいつになるでしょうか。

Sponsored Link

MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスは彼がアルゼンチンGPで転倒した理由がわからないと語る。マルケスはポールポジションを無駄にせず、3周の走行の後に2.248秒のリードを築いた。しかしマルケスはターン2のブレーキングでフロントを失い、転倒してリタイアとなった。チームメイトのダニ・ペドロサも10周後にほぼ同じような転倒をしている。ペドロサは「バンプに乗り上げた時にフロントを失った」と語るが、マルケスは転倒の理由については検討がつかないでいる。

マルク・マルケス

「正直わからないですね。転倒は本当に妙だったんです。リーンアングルもたった25°でしたし。ブレーキングポイントでは完全にバイクは直立していました。確かにフロントが少しロックしましたけど、それでなぜかタイヤがもたなかったんです。バイクのフィーリングは最高でした。確かにプッシュはしていましたが、そこまで激しくプッシュしていたわけではありません。あれは単に自分のミスです。確かに自分にはがっかりしています。こういう種のミスがチャンピオンシップに響きますからね。ただもう終わったことです。」

「3周か4周走った後に、他の選手も1分39秒8、1分39秒後半、1分40秒前半で走っていました。それがレースのリズムだったのでレースをリード出来たんです。自分が2秒のリードがあったので、皆自分がプッシュし過ぎていると思っていたようですが、実際はそこまでプッシュしてはいなかったんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 サム・ローズ「開幕戦でポイント獲得が目標」
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「前の集団に追いつこうとしていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★ホンダ・レーシング マクギネスの怪我を受けて今年のノースウェスト200から辞退
★MotoGP2017フランスGP ダニ・ペドロサ「一番重要なのはコンスタントさ」
★MotoGP2017フランスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「ライバル達に全力でついていきたい」
★MotoGP2017 ロレンソ「カタルーニャの最終セクターはホンダ向き」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は良くなっているが、息をするのが苦しい」
★MotoGP2017オランダGP予選5位 レディング「ドライでレースをするのは、かなり厳しい」
★MotoGP 2018年のAvintia Ducatiのシートは誰の手に渡るのか?