★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」

今回のレースではマルケス選手、ペドロサ選手、クラッチロー選手はフロントにハードコンパウンドのタイヤを履いていました。クラッチロー選手の言葉からすると、マルケス選手とペドロサ選手の転倒を受けて、ロッシ選手に抜かれた後にペースを少し抑えていたのかもしれません。

Sponsored Link

ホンダの5名のライダーはレースではハードフロントタイヤを使用していた。その中LCRホンダのカル・クラッチローは3位でレースを終えた。クラッチローはマーヴェリック・ビニャーレスに最終的に抜かれる前は2位で走行していた。クラッチローは自分のペースで走行を続けたことに満足している。

カル・クラッチロー

「もし誰かが転倒したら何で転倒したんだろうと思いますよね。なぜマルクが転倒したかはわかります。彼はスタートで野獣のようにプッシュしていたんです。自分は喜んで彼を先に行かせました。2015年にここでレースした時も同じで、その時も1周目から彼を先に行かせたんです。彼は1コーナーから限界で走っていました。あわやハイサイドしそうな勢いでね。ですから彼を先に行かせて、”数周他の連中を後ろに従えて走ろう。それからマルクに追いつく事を考えよう”と思っていました。」

「いつもは彼がプッシュした後に追いつくことが出来るんです。ただ、残念なことに彼はミスをしました。このエリアではかなり注意が必要だと思っていました。ホンダは皆ハードタイヤをフロントに履いていて、他の2人が転倒したんですからね。自分はなんとか転倒せずに走る事が出来ました。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「再び表彰台を狙う」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「ミスが無ければもっと速く走れたはず」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP Q1結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017フランス 6位ロレンソ「スターティンググリッドを考えるとポジティブなレース」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP2017オランダGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017レプソルホンダの2人の特別レース
★MotoGP2017 アルバロ・バウティスタ2018年もAsparから参戦
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「イアンノーネが本気でやっているとは思えない」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「ポジションは良くないがバイクのフィーリングが悪くない」
★MotoGP2017アラゴンGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 予選2位ペトルッチ「1列目からスタート出来ることは重要」
★ホンダ 「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を熟成させ、法規対応を施して発売