★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」

今回のレースではマルケス選手、ペドロサ選手、クラッチロー選手はフロントにハードコンパウンドのタイヤを履いていました。クラッチロー選手の言葉からすると、マルケス選手とペドロサ選手の転倒を受けて、ロッシ選手に抜かれた後にペースを少し抑えていたのかもしれません。

Sponsored Link

ホンダの5名のライダーはレースではハードフロントタイヤを使用していた。その中LCRホンダのカル・クラッチローは3位でレースを終えた。クラッチローはマーヴェリック・ビニャーレスに最終的に抜かれる前は2位で走行していた。クラッチローは自分のペースで走行を続けたことに満足している。

カル・クラッチロー

「もし誰かが転倒したら何で転倒したんだろうと思いますよね。なぜマルクが転倒したかはわかります。彼はスタートで野獣のようにプッシュしていたんです。自分は喜んで彼を先に行かせました。2015年にここでレースした時も同じで、その時も1周目から彼を先に行かせたんです。彼は1コーナーから限界で走っていました。あわやハイサイドしそうな勢いでね。ですから彼を先に行かせて、”数周他の連中を後ろに従えて走ろう。それからマルクに追いつく事を考えよう”と思っていました。」

「いつもは彼がプッシュした後に追いつくことが出来るんです。ただ、残念なことに彼はミスをしました。このエリアではかなり注意が必要だと思っていました。ホンダは皆ハードタイヤをフロントに履いていて、他の2人が転倒したんですからね。自分はなんとか転倒せずに走る事が出来ました。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★MotoGP2017カタールGP10位 フォルガー「どこを改善すれば良いのかわかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP3結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「フルドライかフルウェットのレースがいい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝レース結果
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「リアブレーキを使用し、良い感触でプッシュ出来た」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017ヘレステスト アレイシ・エスパルガロ「問題はタイヤだった」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017イタリアGP 予選1位ビニャーレス「チームが最高のバイクを用意してくれた」
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「ホンダはどんどん良くなっている」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★MotoGP2017ロッシ 右足をエンデューロトレーニング中に骨折。複数ラウンド欠場の恐れ
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの代役としてマイケル・ファン・デル・マークが参戦
★MotoGP2017サンマリノGP ザルコ「ターン11で燃料が無くなってしまった」