★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」

今回のレースではマルケス選手、ペドロサ選手、クラッチロー選手はフロントにハードコンパウンドのタイヤを履いていました。クラッチロー選手の言葉からすると、マルケス選手とペドロサ選手の転倒を受けて、ロッシ選手に抜かれた後にペースを少し抑えていたのかもしれません。

Sponsored Link

ホンダの5名のライダーはレースではハードフロントタイヤを使用していた。その中LCRホンダのカル・クラッチローは3位でレースを終えた。クラッチローはマーヴェリック・ビニャーレスに最終的に抜かれる前は2位で走行していた。クラッチローは自分のペースで走行を続けたことに満足している。

カル・クラッチロー

「もし誰かが転倒したら何で転倒したんだろうと思いますよね。なぜマルクが転倒したかはわかります。彼はスタートで野獣のようにプッシュしていたんです。自分は喜んで彼を先に行かせました。2015年にここでレースした時も同じで、その時も1周目から彼を先に行かせたんです。彼は1コーナーから限界で走っていました。あわやハイサイドしそうな勢いでね。ですから彼を先に行かせて、”数周他の連中を後ろに従えて走ろう。それからマルクに追いつく事を考えよう”と思っていました。」

「いつもは彼がプッシュした後に追いつくことが出来るんです。ただ、残念なことに彼はミスをしました。このエリアではかなり注意が必要だと思っていました。ホンダは皆ハードタイヤをフロントに履いていて、他の2人が転倒したんですからね。自分はなんとか転倒せずに走る事が出来ました。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「前の集団に追いつこうとしていた」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017イタリアGP 予選4位ピッロ「ミスをしてフロントローを逃してしまった」
★MotoGP2017イタリアGP 優勝ドヴィツィオーゾ「Ducatiでムジェロで優勝する以上の事は望めない」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」
★MotoGP2017チェコGP リンス「力強さを感じる。フィジカル面でも良い状態」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017 8/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017イギリスGP FP2結果
★MotoGP2017日本GP マルケス「ホンダのホームGPで良い結果を残したい」
★MotoGP2017オーストラリアGP ペドロサ「適切なセットアップを見つける事が必要」
★ホンダ 「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を熟成させ、法規対応を施して発売
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「今後の事は来年の開幕から数戦で判断したい」
★MotoGP2018 アレックス・マルケス「今回のテストは2019年にMotoGP昇格のモチベーションになった」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 6位マルケス「開幕戦から激しい戦いになる」
★MotoGP2018アルゼンチンGP FP4結果