★ヤマハ EICMAでプロトタイプ「3CT」を発表

ヤマハはそのLMWのプロトタイプとして3CTプロトタイプをEICMAで発表します。3CTは運転の快適性、交通の中でのストップ&ゴーに対応するため、ティルトロックアシストシステムを搭載しています。

Sponsored Link

これはライダーが停車時にバイクを直立させるのに役立つもの。フロントサスペンションをロックさせるのではなく、車両停止時から動き出す際、また停車状態から車両の押し引きで役立つものとのことですが、300ccエンジンを搭載したミドルクラスのLMW車両が将来的にラインナップに追加される可能性は大きいでしょう。



外装は異なるストライプパターンが施されたボディパネルが複数組み合わさることで、”アーバンカモ”と呼ばれる特徴的なデザインを実現。特徴的なボディと比較して、ホイールとシャーシはおとなしいグレーとされています。シートは3Dプリントが施されており、LEDが搭載されます。エンジンは新型のブルーコア300ccエンジンを搭載。これはXMAX300に搭載されているものと同様のエンジンとなります。
2019_yam_3ct_eu_na_sta_006-64107
2019_yam_3ct_eu_na_sta_005-64106
2019_yam_3ct_eu_na_sta_004-64105
2019_yam_3ct_eu_na_sta_003-64104
2019_yam_3ct_eu_na_sta_002-64103
2019_yam_3ct_eu_na_det_006-64101
2019_yam_3ct_eu_na_det_005-64100
2019_yam_3ct_eu_na_det_004-64099
2019_yam_3ct_eu_na_det_003-64098
2019_yam_3ct_eu_na_det_002-64097
2019_yam_3ct_eu_na_det_001-64096

(Source: yamaha-eu)

(Photo courtesy of yamaha-eu)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link