★「Honda Racing THANKS DAY 2018」開催概要について

Hondaは、2018年12月9日(日)、栃木県のツインリンクもてぎにおいて「Honda Racing THANKS DAY 2018」を開催します。

Sponsored Link

 

今年で11回目の開催となるHonda Racing THANKS DAYは、世界中で様々なレースに参戦しているHondaが、モータースポーツファンの皆さまへの感謝を込めて贈るファン感謝祭です。今年は総勢38名におよぶライダーやドライバー、チーム監督が集います。

 二輪レース最高峰のFIM※1 ロードレース世界選手権(MotoGP)からはマルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、中上貴晶が、四輪レース最高峰のFIA※2 フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)からはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが参加。これらトップカテゴリーを含む国内外レースで活躍中の選手が、カテゴリーを越えてコラボレーションする、Hondaならではの多彩なコンテンツをご用意しています。
なお、昨年に続き入場は無料※3となります。

 今後、下記Webサイトにてプログラム詳細やイベントスケジュールなどの情報を随時更新していきます。

Honda Racing THANKS DAY 2018
https://www.honda.co.jp/enjoyhonda/hrtd/2018/

  • Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2Fédération Internationale de lʼAutomobile(国際⾃動⾞連盟)の略称
  • ※3入場に際しては「入場証」が必要となります。
    下記「ツインリンクもてぎ」公式ページよりダウンロードをお願いいたします。
    https://www.twinring.jp/ticket_m/hrtd/
    また駐車の際には、駐車券(有料)が別途必要となります

主な開催プログラムや特別企画(予定)

Red Bull Toro Rosso Honda 「STR13」デモンストレーション走行

2018年のF1世界選手権参戦マシン、STR13が登場。さらに、MotoGP参戦マシン、RC213Vとの2&4パフォーマンスもお届けする予定です。

ダニ・ペドロサのラストラン

世界選手権にデビューして以来Hondaのマシンを駆り、Hondaと共に挑戦し続けたダニ・ペドロサが、Hondaのホームコースであるツインリンクもてぎでラストランを行います。

Honda Racing THANKS DAYならではのスペシャル エキシビションレース

MotoGP参戦マシンであるRC213Vを一般公道での走行を可能にしたRC213V-Sを使い、Hondaを代表するライダーによるエキシビションレースや、誕生60周年を迎えたSuper Cubを使ったレースなど、Honda Racing THANKS DAYでしか見られないエキシビションレースを繰り広げます。

SUPER GT(NSX-GT)/SUPER FORMULA(SF14)エキシビションレース

SUPER GTのエキシビションレースにはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが参戦。SUPER FORMULAのエキシビションレースには来季マシンのSF19も登場する予定です。

あなたの挑戦をシェアしよう『Start Your #USLETE』キャンペーン

Hondaのアスリートたち=挑戦者たちが集うこの機会に、一般の方々から「チャレンジしたいこと」をTwitterで募集し、その気持ちを応援する企画です。一部ツイートに対しては、参加するライダーやドライバーからのエール返信を予定しています。

#USLETE とは:https://www.honda.co.jp/uslete/
「私たち(US)とアスリート(athlete)」がひとつになった「#USLETE」。みんなの中にあるチャンレンジングスピリットをHondaが応援するプロジェクトです。

インターネット中継

主要プログラムのインターネット中継を予定しています。

主なイベント参加者(予定)

二輪ライダー

FIM ロードレース世界選手権(MotoGP)

Repsol Honda Team
#93 マルク・マルケス
#26 ダニ・ペドロサ
LCR Honda IDEMITSU
#30 中上 貴晶

FIM ロードレース世界選手権(Moto2/Moto3)

Honda Team ASIA
(監督)青山 博一

FIM トライアル世界選手権(TrialGP)

Repsol Honda Team
#1 トニー・ボウ
#5 藤波 貴久

FIMモトクロス世界選手権(MXGP)

Team HRC
#243 ティム・ガイザー

FIM 世界耐久選手権(EWC)

F.C.C. TSR Honda France
#5 フレディ・フォレイ
ジョシュ・フック
(監督)藤井 正和

MFJ※4 全日本ロードレース選手権(JRR)<JSB1000クラス>

Team HRC
#1 高橋 巧
MORIWAKI MOTUL RACING
#72 高橋 裕紀
#23 清成 龍一
MuSASHi RT HARC-PRO.Honda
#634 水野 涼
(監督)本田 重樹

MFJ 全日本トライアル選手権(JTR) <IASクラス>

HRC CLUB MITANI
#1 小川 友幸

四輪ドライバー、監督

FIA フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)

Toro Rosso Honda
#10    ピエール・ガスリー
#28    ブレンドン・ハートレー

インディカー・シリーズ(INDY)

Rahal Letterman Lanigan Racing
#30 佐藤 琢磨

SUPER GTシリーズ(SGT) <GT500クラス>

AUTOBACS RACING TEAM AGURI
#8    野尻 智紀
伊沢 拓也
(監督)鈴木 亜久里
TEAM MUGEN
#16 武藤 英紀
中嶋 大祐
KEIHIN REAL RACING
#17 塚越 広大
小暮 卓史
(監督)金石 勝智
Epson Nakajima Racing
#64 ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
(監督)中嶋 悟
TEAM KUNIMITSU
#100 山本 尚貴
ジェンソン・バトン
(監督)高橋 国光

SUZUKA 10 HOURS

Honda Team MOTUL
#10 (監督)中野 信治

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
#5 野尻 智紀
#6 松下 信治
TEAM MUGEN
#15 福住 仁嶺
#16 山本 尚貴
REAL RACING
#17 塚越 広大
TCS NAKAJIMA RACING
#64 ナレイン・カーティケヤン
#65 伊沢 拓也

FIA-F2選手権(F2)

RUSSIAN TIME
#2 牧野 任祐
BWT ARDEN
#12 福住 仁嶺

プログラム、参加者は都合により変更となる場合がございます。
随時Webサイトにてご確認ください。

  • ※4Motorcycle Federation of Japan(⼀般財団法⼈ ⽇本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

(Source: ホンダ)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link