★MotoGP2018バレンシアGP ロレンソ「コーナーごとに0.1秒失っている」

FP2も思うような走りが出来なかったと語るロレンソ。雨で手首への負担は少ないとは言え、やはり痛みは激しいようです。今日の走行では痛み止めを強くして走ってみるとのこと。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

正直思っていたより体は回復しておらず、怪我をしていた部分も完璧ではありません。いつものようにアグレッシブにブレーキをかけようとすると左手首にかなり負担がかかります。マレーシアよりはマシですが、スムーズにブレーキングする必要があるので、コーナーごとに0.1秒遅くなっています。ですから最終的なタイムとしては競争力がないものになっているんです。明日は痛み止めを強くしてみようと思っています。その中でもう少しプッシュしてみようと思っています。」

「ドライだとグリップが上がるので、さらに手首に負担がかかるでしょう。ですからウェットのほうが手首には良いんですが、ドライのほうが転倒の危険は少ないですよね。今日はいくつかのコーナーでは水が溜まっていて、それに起因する転倒が多発しました。今転倒するとかなりまずいですからね。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link